コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辞源 ジゲン

百科事典マイペディアの解説

辞源【じげん】

中国最初の近代的辞書。2巻。正編は陸爾奎(りくじけい)らの編。1915年上海の商務印書館刊。続編は方毅(ほうき)らの編。1931年刊。文字・熟語の解釈のほか,内外の主要地名,人名,年号,書名,動植物名,科学用語などを収録,百科事典的性格も帯びる。
→関連項目辞海

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じげん【辞源 Cí yuán】

中国最初の近代的な辞典。商務印書館発行。1908年(光緒34)から,陸爾奎,方毅らを中心に編纂が始められ,15年に正編が出版された。31年には続編が刊行され,39年には続編を正編に取り込んだ合訂版が刊行された。文字の配列は,《康熙字典》などの旧来の字書と同じく214の部首を立て,画数順に並べている。音注には清の李光地《音韻闡微(せんび)》の反切直音を用いて現代音を求めやすくした。また2字以上からなる語彙は,文言的,古典的なものを中心に10万語以上収められ,文言による簡単な釈義が付され,引用文ともども句読点が施されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じげん【辞源】

中国の文語辞典。1915年、上海商務印書館より刊行。字書・韻書・類書を基礎として字義を説明、成語・故事・固有名詞なども収載した中国近代の最初の大規模な辞書。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の辞源の言及

【辞書】より

…《五経》をはじめとする経典の読解について,今日的意味からすれば明らかに〈辞書〉である唐の陸徳明の《経典釈文》が,〈音義〉書として〈諸経総義〉類に属するなどの扱いを受けるのもそれである。 こうしたものをまで含めて,〈字書〉が扱うようになるのは,1915年に出版された商務印書館の《辞源》である。その編集が開始されたのは1908年,まだ清の光緒年間であったというから,これは清末とくに日清戦争以後内外の事ようやく多端となった時期,それに対応すべく企画されたものであろう。…

※「辞源」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

辞源の関連キーワード字義類書故事韻書

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android