コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農業調整法 のうぎょうちょうせいほう

3件 の用語解説(農業調整法の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

農業調整法【のうぎょうちょうせいほう】

Agricultural Adjustment Actの訳。略称AAA。1933年米国で制定されたニューディールの一環をなす法律。農産物価格を高めることを目的とし,小麦,綿,トウモロコシ等の主要作物の作付面積や販売用生産の縮小策をとった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

のうぎょうちょうせいほう【農業調整法 Agricultural Adjustment Act】

アメリカ合衆国でニューディール政策の一環として1933年5月に制定された農業政策。略称AAA。農業部門の慢性的過剰生産恐慌の事態に直面して,ローズベルト政権は生産削減による価格支持政策に取り組む必要を認め,価格水準の目標として〈平衡価格〉の概念を導入しつつ,〈基本農産物〉(当初,小麦,綿花,トウモロコシ,豚,米,タバコミルクの7項目,後に他の作物も追加)に関し作付割当計画により生産削減の達成を図った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

農業調整法
のうぎょうちょうせいほう
Agricultural Adjustment Act

アメリカ合衆国のニューディール政策における中心的法律。1933年5月に制定された本法は、その頭文字をとって「AAA」または「三(トリプル)A」とも略称される。同法は販売不振、価格低落に悩む農業の振興のために、作付制限による価格引上げを図った。過剰農産物貯蔵、土壌保全などの名目で生産を削減した農家に補助金を与えた。そのため植え付け済みの農地をつぶし、牛豚をと畜するなど、一方に飢餓に苦しむ失業者のいる状況にかんがみ、矛盾した政策をとって批判された。またそれは大農場に有利で、貧農の脱落、プロレタリア化を進めた。36年補助金源泉などに関して違憲判決を受けたが、その趣旨は後の土壌保全割当法、38年の第二次農業調整法に引き継がれた。[長沼秀世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

農業調整法の関連キーワードアングロアメリカ北アメリカアメリカン合衆国ニューハンプシャーネバダネブラスカ北米亜米利加アメリカ連合国

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone