コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辻新次 つじしんじ

4件 の用語解説(辻新次の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

辻新次
つじしんじ

[生]天保13 (1842).1.9. 信濃,松本
[没]1915.11.30. 東京
明治期の教育行政官,教育会事業の指導者。松本藩校崇教館で朱子学を修め,文久2(1861)年江戸に出て蕃書調所オランダ語フランス語,化学を学び,慶応2(1866)年より開成所(→開成学校)で教える。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

辻新次 つじ-しんじ

1842-1915 明治-大正時代の官僚。
天保(てんぽう)13年1月9日生まれ。もと信濃(しなの)(長野県)松本藩士。藩校崇教館でまなび,江戸の蕃書調所で洋学をおさめる。明治4年文部省にはいり,南校校長,文部大書記官,普通学務局長などをつとめ,19年初代文部次官となる。16年大日本教育会初代会長,のち帝国教育会会長。貴族院議員。大正4年11月30日死去。74歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

辻新次

没年:大正4.11.30(1915)
生年:天保13.1.9(1842.2.18)
明治期の教育行政家。信濃国松本藩(長野県松本市)藩士の次男として生まれる。伊沢修二とは同郷。在郷中に漢学,蘭学を学び,上京して蕃書調所に入り大砲の鋳造と火薬製造学を学ぶが,のちフランス学に変更する。慶応2(1866)年開成所教授手伝並となり,さらに文部省設置にともない文部権少丞兼大助教となり文部行政とかかわり始める。南校校長時代のエピソードは『大学々生溯源』に詳しい。こののち地方学務局長,普通学務局長などを歴任。内閣制度発足に当たり森有礼初代文部大臣の下,初代の次官となる。明治25(1892)年辞職。直接の契機は修身教科書機密漏洩事件であり,のちには文部省の積弊の源として指弾を受けての辞任であった。これ以降文部行政から退く。この間,イタリア学協会会長に推挙される。教育界から退場したわけではなく,貴族院議員,高等教育会議議員,教科用図書調査委員会委員,教育調査会会員などにより,ことに創業の基礎を築いた帝国教育会(大日本教育会と伊沢が創設した国家教育社とを合併)の会長として教育改革に尽力する。仁寿生命保険株式会社(のちの東京生命)の初代社長でもあった。彼は帝国大学卒業生が官僚世界を独占する以前の実務官僚の典型である。明治前半期のほとんどの教育制度の策定にかかわったが,特にその功績に帰せられるものは少ない。一度も外遊せず,教育社会の第一の元老,平凡なる巨人,明治教育界の元勲などと評された。蕃書調所以来の文部行政との関係では加藤弘之とも比較され,また同じ教育行政家として浜尾新,久保田譲と共に属吏の大成した巨人といわれた。<参考文献>安倍季雄編『男爵辻新次翁』

(中野実)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

辻新次
つじしんじ
(1842―1915)

文部官僚。天保(てんぽう)13年1月9日信濃(しなの)国松本藩士の家に生まれる。藩学崇教館に学び、江戸に出て洋学を修め、1868年(明治1)開成所教授試補を振り出しに、1871年文部省創設に参与、以来1892年退官まで日本近代公教育体制の創始・確立に尽力した。その間、文部大書記官、地方・官立・普通各学務局長などを歴任し、文部次官として森有礼(ありのり)、芳川顕正(よしかわあきまさ)(1842―1920)ら6人の大臣を補佐。退官後は大日本教育会会長、帝国教育会会長としてその育成と発展に努め、また学制研究会会員、貴族院議員、高等教育会議議員、教育調査会会員となり、伊沢修二らと協力して義務教育費国庫補助の実現や学制改革問題の解決に尽力した。大正4年12月3日没。[小股憲明]
『安倍季雄編『男爵辻新次翁』(1940・仁寿生命保険株式会社/1987・大空社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

辻新次の関連キーワード長野県松本市旭長野県松本市蟻ケ崎長野県上田市国分長野県松本市中央長野県松本市和田浅井洌佐藤寅太郎菅谷司馬中島太郎若林有信

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

辻新次の関連情報