コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近代世界システム論 きんだいせかいシステムろん theory of the modern world-system

1件 の用語解説(近代世界システム論の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きんだいせかいシステムろん【近代世界システム論 theory of the modern world-system】

アメリカの社会学者ウォラーステインImmanuel Wallersteinらが1970年代半ば以降に唱えた歴史観。近代世界が経済的には単一の,グローバルな分業体制に覆われており,諸国の経済は,この世界システムの構成要素としてしか機能しえないとする。このような見方は,フランスの歴史家F.ブローデルの〈経済世界〉という概念や,第三世界史におけるA.G.フランクやS.アミンら〈従属〉派(従属論)の発想が前提になっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

近代世界システム論の関連キーワードアメリカの声都市社会学戸田貞三世界システム論アメリカ杉アメリカンウォーラーステイン関係学アメリカの空アメリカの友人

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

近代世界システム論の関連情報