コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

運天 うんてん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

運天
うんてん

沖縄県沖縄島北部,本部半島今帰仁村の北東隅にある地区。今帰仁間切番所(役場)の所在地であった。源為朝が伊豆の大島を逃れて沖縄へ向かうとき暴風にあい,船が沈みそうになったが「運は天にあり何ぞ懼(おそ)るるに足らんや」と舟人を戒め,やがてこの地に安着したので,ここを運天と呼ぶようになったという伝説がある。運天港は天然の良港として知られ,慶長14(1609)年の島津氏侵攻の際にはその上陸港となったほか,マシュー・カルブレース・ペリーやオランダ船の入港の歴史もあり,旧日本海軍の基地でもあった。旧港の奥に 1万t級船舶が接岸できる新港があり,伊平屋島伊是名島など離島へのフェリーが発着するほか,砂糖,パイナップルなどの積出港となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

運天
うんてん

沖縄県国頭(くにがみ)郡今帰仁(なきじん)村にある集落。運天港の名で知られる。本部(もとぶ)半島と屋我地(やがじ)島との間の細長い水道の入口に位置し、古来から天然の良港として沖縄本島北部の重要港となる。1609年(慶長14)島津氏の琉球(りゅうきゅう)征討軍の上陸地である。沖縄に流布した為朝(ためとも)伝説によれば、「運を天にまかせ」て着いた所からこの地名がついたといわれており、「源為朝上陸の地」の碑が建立されている。[目崎茂和]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

運天の関連キーワード沖縄県島尻郡伊平屋村沖縄県島尻郡伊是名村フェリーいへや島津侵入事件今帰仁(村)伊平屋(村)伊是名(村)ニューいぜな伊平屋村伊是名村

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android