コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

運天港

1件 の用語解説(運天港の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

運天港

沖縄県にある港。沖縄本島北部、本部半島の東側に位置する。戦前は黒糖の積出港として発展。1972年5月、沖縄の本土復帰に伴い復帰。港湾管理者は、沖縄県。重要港湾(1972年5月指定)。港湾区域面積は、1,483ヘクタール

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の運天港の言及

【今帰仁[村]】より

…14世紀から15世紀の三山(さんざん)時代には北山(ほくざん)王統が今帰仁城(北山城)にあって沖縄島北部を支配し,当地はその中心地であった。北東部の運天(うんてん)港は北東に古宇利島,南東に屋我地(やがじ)島がある天然の良港で,源為朝が渡来したとの伝説もあり,薩摩の琉球征服時にも薩摩軍が第一歩を印した。第2次世界大戦中は海軍基地があり,現在は貿易港として1万トン級岸壁や近代設備が整っている。…

※「運天港」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

運天港の関連キーワード本部半島伊江港奥港塩屋港仲間港鳩間港沖縄県国頭郡伊江村沖縄県島尻郡伊平屋村沖縄県国頭郡沖縄県国頭郡本部町

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone