道志村(読み)どうし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

道志〔村〕
どうし

山梨県南東部,相模川の支流道志川流域にある村。丹沢山地北部の山嶺に囲まれ,道志川に沿って集落が点在する。地名は古代の律令制下の官名に由来するといわれる。林業,観光業が主体で,クレソンなどの栽培も行なわれる。釣り場,峡谷美にも恵まれ,民宿も多い。道志川に沿って国道 413号線が通る。面積 79.68km2。人口 1743(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

道志村の関連情報