コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道志川 どうしがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

道志川
どうしがわ

山梨県と神奈川県を流れる川。相模川の支流。全長 45km。山梨県南東部の山伏峠付近に発し,丹沢山地の北部を北東流して神奈川県に入り,相模川に設けられた人造津久井湖に流入する。上流域は標高 1200mをこえる山嶺に囲まれ,長く孤立した環境にあった。ヤマメの釣場として知られる中流には人造の奥相模湖があり,畔はキャンプ,ハイキング地となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔山梨県(神奈川県)〕道志川(どうしがわ)


山梨県南東部から神奈川県北部を流れる川。1級河川(相模(さがみ)川水系)。延長45km。山梨県の山中(やまなか)湖の北東、山伏(やまぶし)峠付近に源を発し、丹沢(たんざわ)山地の北を東流して神奈川県に入り、津久井(つくい)湖に注ぐ。上流に道志渓谷、中流に奥相模(おくさがみ)湖(道志ダム)がある。河水は横浜市などの上水道源に利用される。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

道志川
どうしがわ

山梨県南東部の山伏(やまぶし)峠に源を発し、神奈川県北部の相模原(さがみはら)市緑(みどり)区で相模川に合流する相模川の一支流。延長約45キロメートル。丹沢(たんざわ)山地北部の西南西から東北東方向をとる断層谷沿いに流れ、嵌入(かんにゅう)蛇行する部分が長い。この谷筋は古くから津久井(相模)と郡内(ぐんない)(甲斐(かい))とを結ぶ間道とされ、江戸時代には青野原に口留(くちどめ)番所が設けられていた。下流に横浜水道の取入れ口がある。中流の人造湖の奥相模湖(1955年完成)は相模湖の姉妹湖で、ここの水を地下水路で秋山川、相模湖に落として水勢を調節している。[浅香幸雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の道志川の言及

【相模川】より

…上流は桂川といい,その水源は山中湖と,その北岸の山梨県忍野(おしの)村の山中にある。桂川が神奈川県に入って相模川となり,山梨県の道志(どうし)山地から流出する道志川を津久井(つくい)湖で,丹沢山地から流出する中津川を厚木市街地で合わせ,平塚市の東辺で湘南砂丘を切って相模湾に入る。相模国の南北を通じる水路として,古くから舟運に利用され,上流部に川尻(城山町),中流部に厚木,河口部に須賀(平塚市)などの河港があった。…

【道志[村]】より

…人口2153(1995)。丹沢山地と道志山地の間の道志川流域を占め,南東は神奈川県に接する。かつては養蚕,コンニャク栽培,炭焼きが盛んであったが,近年はクレソン栽培が盛んになった。…

※「道志川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

道志川の関連キーワード緑の休暇村 青根キャンプ場青野原キャンプ場野呂ロッジセンタービレッジキャンプ場青野原オートキャンプ場神奈川県相模原市緑区このまさわキャンプ場山伏オートキャンプ場滝原オートキャンプ場道志渓谷キャンプ場道志の森キャンプ場谷相郷キャンプ場新戸キャンプ場桂川(山梨)相模原(市)津久井[町]道志[村]道志(村)山梨(県)藤野[町]道志渓谷

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

道志川の関連情報