コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道興(2) どうこう

1件 の用語解説(道興(2)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道興(2) どうこう

?-1501 室町時代の僧。
近衛房嗣(このえ-ふさつぐ)の子。天台宗。京都聖護院門跡,近江(おうみ)(滋賀県)園城寺(おんじょうじ)長吏をつとめる。大僧正,准三宮(じゅさんぐう)。足利将軍家や後土御門(ごつちみかど)天皇のために加持をするなど,幕府や朝廷と密接な関係があった。歌人としても知られる。文亀(ぶんき)元年9月23日死去。一説に大永(たいえい)7年(1527)7月7日,98歳で死去とも。著作に「廻国雑記」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

道興(2)の関連キーワード文亀ルターの家九戸城不登校児童生徒数四度の宗論文亀妙喜庵明応オールチャー壁草

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone