コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遺伝的荷重 いでんてきかじゅうgenetic load

2件 の用語解説(遺伝的荷重の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いでんてきかじゅう【遺伝的荷重 genetic load】

致死遺伝子や不妊遺伝子のような有害な遺伝子の存在は生物集団にとっては負荷となる。致死や不妊でなくとも淘汰に有利でない遺伝子や遺伝子型の存在も,淘汰に最も有利な遺伝子型だけが存在するという最適な状態と比べるとやはり負荷であり,この集団が保有している負荷の量(適応度の減少量)を遺伝的荷重という。 集団中にこのような負荷となる遺伝子や遺伝子型が存在するのはそれなりの理由がある。第1に毎代突然変異が生じるため一定量の有害遺伝子が存在することである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遺伝的荷重
いでんてきかじゅう

生物集団のなかで、遺伝子型のレベルでその集団に働く適応度の低下の程度をいう。集団のなかの最適な遺伝子型の適応度に対して、集団の平均適応度が低下している割合で表される。原因によって種々の荷重に分けられるが、おもなものに次のような荷重がある。
(1)突然変異による荷重 有害な遺伝子が、繰り返しおこる突然変異によって集団のなかに保たれ、集団の平均適応度を低下させる。この大きさは突然変異率によって決まり、遺伝子の有害作用の程度には関係しないことが理論的に知られている。
(2)置換による荷重 環境の変化により、それまで適応的に不利であった遺伝子が有利になり、それがしだいに集団のなかに増えて完全に置き換わってしまうまでの間、それ以外の不利な遺伝子が存在するために生ずる荷重である。
(3)分離による荷重 ヘテロ接合体(異型接合体)が、いずれのホモ接合体(同型接合体)より適応度が高い超優性現象を示すとき、それからの分離によって不利なホモ接合体が生ずるため集団平均適応度の低下がおこることによる荷重である。[井山審也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone