コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村資生 きむらもとお

5件 の用語解説(木村資生の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木村資生
きむらもとお

[生]1924.11.13. 岡崎
[没]1994.11.13. 三島
生物学者。京都大学理学部植物学科卒業 (1947) ,国立遺伝学研究所研究員となり (49) ,研究室長 (57) ,集団遺伝部長 (64) 。 1968年「集団遺伝学の理論の研究」によって日本学士院賞受賞。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きむら‐もとお【木村資生】

[1924~1994]遺伝学者。愛知の生まれ。京大卒。国立遺伝学研究所教授。集団遺伝学を研究し、分子進化の中立説を発表。著作に「分子進化学入門」など。昭和51年(1976)文化勲章受章。平成4年(1992)には、日本人初のダーウィンメダルを受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

木村資生【きむらもとお】

遺伝学者。愛知県生れ。京大理学部卒。約40年間にわたって国立遺伝学研究所に勤務。集団の遺伝的構成に関する確率模型の研究で集団遺伝学に一時代を画する。1968年に〈分子進化の中立説〉を唱え,現代進化論に大きな影響を与えた。
→関連項目分子進化

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村資生 きむら-もとお

1924-1994 昭和後期-平成時代の遺伝学者。
大正13年11月13日生まれ。昭和24年国立遺伝学研究所にはいり,集団遺伝部長,集団遺伝研究系主幹兼教授をつとめた。43年分子進化の中立説を発表し,従来の自然淘汰説の一部修正をせまる。同年学士院賞。51年文化勲章日本遺伝学会会長。平成6年11月13日死去。70歳。愛知県出身。京都帝大卒。著作に「分子進化学入門」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

きむらもとお【木村資生】

1924~1994) 遺伝学者。愛知県生まれ。国立遺伝学研究所教授。集団遺伝学の数理的な研究を行う。分子進化の機構に関して中立説を提唱して生物進化の自然淘汰説の部分修正を提起。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の木村資生の言及

【進化論】より

… 分子生物学の成立と発展は,分子進化の研究を進化学の重要な分野として確立した。その成果として生まれた木村資生(もとお)の中立説(1968)は,自然淘汰万能の観念に問題を投じ,衝撃を与えるものとなった。またその後,自然淘汰によって新種の起原となるほどの新たな形質が生じうるか,進化の経過は果たしてダーウィン説でいうような連続的,漸次的なものであるかなどに関して,現代科学の成果をふまえた問題提起がなされ,進化学説への根本的再検討の気運が強まっている。…

【中立説】より

…しかし同じタンパク質をいろいろな系統で比較するとあまり差がなく,一定の速度で進化している。この分子進化の機構として進化,つまり置換の大部分は自然淘汰によってではなく,淘汰に有利でも不利でもない中立の突然変異が機会的浮動によって集団中に蓄積,固定することによって起こるという説が木村資生(1968),J.L.キングとT.H.ジュークス(1969)によって提唱された。これが中立説であり,キングらはnon‐Darwinian evolutionという語句も用いた。…

【突然変異】より

… 突然変異は生物の遺伝的変異を維持・増加する機構の一つである。ところで,生物の進化の原動力が自然淘汰であるとするダーウィン以来の考えに対して,木村資生は,生物集団内に蓄積されている遺伝的変異のほとんどには,淘汰に対する有利不利という差がほとんどないという知見に基づいて,進化の原動力は遺伝子の機会的浮動であるという中立説を唱えた(1968)。分子レベルでの研究成果も中立説と矛盾しないものが多いことから,近年,この説は大きく注目されている。…

※「木村資生」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

木村資生の関連キーワード香川登枝緒後藤仁郎小山やす子重田保夫千田夏光匠秀夫東中光雄藤原一生松本作衛山寺秀雄

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

木村資生の関連情報