コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

那須疎水 なすそすい

1件 の用語解説(那須疎水の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

那須疎水
なすそすい

栃木県北部,那須野原にある那珂川から引水した用水路。本幹水路の延長 16.5km,4分水を合せると延長 112.2km。水田灌漑面積 997ha。 1880年矢板武,印南丈作により那須開墾社が組織され原野の開墾が始められたが,飲料水が不足,那須疎水の開削が開始された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の那須疎水の言及

【那珂川】より

…最上流部の板室温泉の北には川をせき止めた深山(みやま)ダムがあり,このダム湖を下池とし,東の那須岳西麓の沼原(ぬまつぱら)調整池を上池とする揚水式発電所の沼原発電所(最大出力67.5万kW)が設けられている。那須野原は酸性土壌の乏水地域で,那珂川から取水する那須疎水の建設(1880‐88)を機会に水田化が促進された。 那珂川の水は栃木県内では農業用水としての利用を主体とするが,茨城県内では水戸市,ひたちなか市など流域各地の上水道用水源となり,一部では工業用水としても用いられる。…

【那須野原】より

… 1880年に矢板武,印南(いんなみ)丈作が那須開墾社を組織し,那須野原西部に約3000haの官有地を借り開発を始めた。84年に陸羽街道(現,国道4号線),86年に東北本線が開通し,85‐88年に西岩崎で那珂川から取水し,那須野原全面に給水する那須疎水の本幹水路・分水が完成した。これによって大農場が増加し,扇央部の開発が進み,陸稲,タバコなどの畑作や牧馬による農業経営が行われた。…

※「那須疎水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

那須疎水の関連情報