コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都市行政 としぎょうせい

世界大百科事典 第2版の解説

としぎょうせい【都市行政】

都市自治体の行政機能は,いずれの国でも今世紀の社会経済発展にともなって重要性を増した。アメリカでは19世紀末から20世紀の10年代にかけて市政改革運動が起きた。これは,都市化とともに中央政党によって支配され腐敗していた市政の浄化を求める都市中間層の運動であったが,近代的な都市行政制度と自治権の確立に多大な貢献を果たした。市政府職員の情実任用汚職を排するために,近代的な公務員制度や財務会計制度の形成を促したばかりか,市政府形態として新たに市支配人制委員会制の導入に結びついた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

都市行政の関連キーワードブルース(Paul Brousse)オルジン=ナシチョーキンオクセンシェーナカーナーボン城ブルフィンチミリューチンユスキュダル杉山 四五郎都市自治体法政令指定都市井上 友一市政調査会キャンベラ全国市長会大都市制度コレクトルツンフト巨大都市政治都市井上友一

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

都市行政の関連情報