コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鄭澈 ていてつ Chŏng Ch‘ŏl

2件 の用語解説(鄭澈の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ていてつ【鄭澈 Chŏng Ch‘ŏl】

1536‐93
朝鮮,李朝中期の文臣,歌人。字は季涵,号は松江。李朝政治史上の大きな特徴である党争が起こったとき,西人派の頭目としてかかわり,党勢の浮沈によって政治生活が左右されていた。官は左議政まで登ったが,ときには流配の辛酸をなめている。政治家としての足跡に劣らず,文学史上第一級の歌人として優れた作品を多く残している。歌集《松江歌辞》には5編の歌辞(関東別曲,思美人曲,続美人曲,星山別曲,将進酒辞)と84首の時調が収録されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


ていてつ / チョンチョル
(1536―1593)

朝鮮、李朝(りちょう)時代の詩人、政治家。号は松江。歌辞文学の大家。「士禍党争」のもっとも激しい時代に西人派の闘士として波瀾(はらん)に満ちた生涯を送った。ソウルで生まれたが、10歳のとき父親が政変に巻き込まれ郷里に帰る。27歳のとき文科に及第、官界に入り、晩年には宰相の位にまでなるが、つねに激動のさなかにいた彼は幾たびも流罪になった。松江歌辞の多くはこの配所で詠まれたものである。豪放磊落(らいらく)な性格で酒をこよなく愛した。『関東別曲』『思美人曲』『続美人曲』『星山別曲』などの歌辞は、従来の漢語調から脱皮して、華麗な朝鮮語を自在に駆使したところにその真価がある。[尹 學 準]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鄭澈の言及

【歌辞】より

…李朝の中期以後は,儒教的倫理観の制約から雑多な歌形による詩作は容認されなかったが,ただこの歌形と時調の形式だけが許され,歌人たちはこの二つのどちらかを選ばねばならなかった。歌辞作家の第一人者は鄭澈(ていてつ)(号,松江)である。5編の歌辞を残しており,彼の歌は《松江歌辞》という歌集に収められて広く愛頌されたばかりでなく,その後の歌壇に大きな影響を及ぼした。…

※「鄭澈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鄭澈の関連キーワード李霆沢野文臣三浦の乱李朝李朝実録書堂文臣洪万植

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone