コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鄭芝竜 テイシリュウ

デジタル大辞泉の解説

てい‐しりゅう【鄭芝竜】

[1604~1661]中国、末の貿易商南安県福建省)の人。鄭成功の父。通称、老一官。字(あざな)は飛黄。日本に渡って平戸に住み、日本女性と結婚。1628年、明に招かれて日本との貿易に活躍したが、明の滅亡によりにくだり、のち、殺された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

鄭芝竜【ていしりゅう】

中国,明末清初の武将福建省の人。通称一官。日本の平戸で田川氏の娘をめとった。海賊的密貿易者として活躍し,巨富をたくわえた。のち明に降り武将として活躍。明滅亡後は復明運動に従ったが1646年清に帰順

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鄭芝竜 てい-しりゅう

1604-1661 明(みん)(中国)の貿易商。
万暦32年生まれ。慶長13年(1608)来日。肥前平戸(長崎県)の田川七左衛門の娘と結婚し福松(鄭成功)をもうけ,南海貿易で巨富をたくわえる。明滅亡後,明の復興をこころざしたが,1646年清(しん)に投降。のち抗清活動をつづける子成功に清への帰順を説得するが失敗,国家反逆罪にとわれ,順治18年4月に殺された。58歳。福建省出身。字(あざな)は飛黄。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

鄭芝竜

没年:順治18(1661)
生年:万暦32(1604)
明末武将で密貿易商。中国・南安(福建)の人。鄭成功の父。通称一官,老一官,平戸一官。若いとき日本にきて,平戸の田川七左衛門の娘をめとり,福松(のちの鄭成功),次郎左衛門(七左衛門)の2子をもうけた。明に招かれ海防遊撃,総兵官,都督となり海上権を握り,南海貿易に活躍。明が滅亡すると,南京の福王,福建の唐王に従い勢力回復を図ったが,順治3(1646)年清に降り,抗清復明の活動を続ける子の成功の招諭につとめたが失敗に終わり,同18年4月謀叛律に問われ殺された。<参考文献>石原道博『国姓爺』

(小山幸伸)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ていしりゅう【鄭芝竜 Zhèng Zhī lóng】

1604‐61
中国,明末の武将。福建省泉州の生れ。18歳のとき父を失い,伯父の船で日本に来航し,平戸の田川氏の娘と結婚した。鄭成功はその子。日本では甲螺(かしら),一官(いつかん)などと呼ばれ,密貿易に従って巨富を蓄え,明廷から招かれて都督にまで進んだ。明朝滅亡後は福王,唐王に従ったが,1646年(順治3)には清軍に内通した。しかし鄭成功が父の招諭をきかず清に反抗したため,鄭芝竜は鄭成功に通じたという罪で殺された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ていしりゅう【鄭芝竜】

1604~1661) 中国、明末の貿易商。通称は一官、老一官。鄭成功の父。福建を根拠に日本・南海貿易を行なった。明に仕え、その滅亡後は清に降伏したが、謀反の罪で殺された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の鄭芝竜の言及

【南明】より

…しかし彼はその器でなく,また政府部内では明末以来の党争がもちこされ,強力な団結に欠けていたので,1645年(清の順治2)4月清軍の攻撃をうけて揚州で史可法が戦死すると,5月には南京も陥り,帝は捕らえられて殺された。ついで6月に唐王が黄道周,鄭芝竜らに推戴されて福州で帝位につき,隆武帝をとなえた。このとき別に魯王も張煌言らに擁され紹興(浙江省)に拠って監国と称した。…

※「鄭芝竜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鄭芝竜の関連キーワード国性爺合戦田川マツ和藤内顔思斉錦祥女謀反甘輝