コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酢酸アミル さくさんアミルamyl acetate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酢酸アミル
さくさんアミル
amyl acetate

酢酸エステルの一種。8種の異性体のうち普通知られているものに酢酸 n- アミル (沸点 149.25℃) ,酢酸イソアミル (142℃) がある。一般に水に溶けにくく,アルコールエーテルなどの有機溶媒によく溶ける。ナシの匂いがある。果実ジュースの味つけ,溶剤などに使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酢酸アミル
さくさんあみる
amyl acetate

酢酸とアミルアルコール(1-ペンタノール)のエステル。ナシに似た香気をもつ液体で、ナシ油ともいう。アミルアルコールに8種の異性体があるので、酢酸アミルにも同数の異性体が存在する。市販の工業用酢酸アミルは、酢酸イソアミルCH3COO(CH2)2CH(CH3)2、酢酸n-アミルCH3COO(CH2)4CH3および酢酸sec-アミルCH3COOCH(CH3)CH2C2H5の混合物で、アミルアルコールまたはフーゼル油に過剰の酢酸と少量の硫酸を加えて製造する。沸点範囲120~146℃、比重0.870~0.880。食品用香料、ニトロセルロース、ラッカーなどの溶剤、セルロイド、接着剤の製造、織物用染料の溶剤などにも用いられる。[廣田 穰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の酢酸アミルの言及

【酢酸エステル】より

…沸点142℃の液体で,ナシの果実香を有する。アミルアルコールまたはフーゼル油から工業的につくられる製品は,n‐アミル-CH2CH2-CH2CH2CH3,イソアミル-CH2CH2CH(CH3)2,および活性アミル-CH2-CH(CH3)-CH2CH3の各異性体の混合物で,酢酸アミルamyl acetateと呼ばれ,溶剤,染色などに大量に用いられている。
[酢酸ビニルvinyl acetate]
 酢酸とビニルアルコールとのエステル。…

※「酢酸アミル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

酢酸アミルの関連キーワード酢酸ペンチル酢酸エステル食品香料スンプ法人造真珠シンナー綿薬

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android