酸性紙(読み)さんせいし

大辞林 第三版の解説

さんせいし【酸性紙】

インクのにじみ防止に硫酸アルミニウムを用いた洋紙。硫酸イオンがセルロースを分解するため年月とともに黄ばみ、ぼろぼろになって長期の保存に耐えない。 → 中性紙

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酸性紙
さんせいし

硫酸アルミニウムなどを添加され,経年によって酸性化する。植物繊維(→繊維)を用いて紙をつくる場合,通常,繊維をほぐして加水したパルプに,用途に応じて充填剤,サイズ剤,着色剤などを加えて叩解(こうかい)し,得られた粥状液をすいて紙とする。サイズ剤はインキのにじみを抑えるためのもので,硫酸アルミニウムとロジン(→松脂)からなる。硫酸アルミニウムは年月の経過とともに硫酸水酸化アルミニウム加水分解され,硫酸によって紙は酸性となり,酸による腐食が進行するため,酸性紙は製造してから 50~60年後にはぼろぼろになってしまう。今日製造される上質紙の多くは,炭酸カルシウムなどを添加して酸性化を防ぎ,長期保存性を高めた中性紙である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酸性紙
さんせいし

酸性の紙。抄紙に先だって、完全紙料の調製の際に、にじみ止めと耐水性を調整するためロジン(松脂(まつやに)を精製して得られる樹脂)による酸性サイズ(にじみ止めなどの加工)を施した洋紙あるいは板紙。従来の一般の紙が該当するが、長年月の保存に耐えず、1980年(昭和55)ごろから文書の保存などで社会問題となった。
 和紙の保存性はきわめてよい。正倉院の宝物として紙に書かれた古文書が千数百年もたった今日なお保管されている。そのため日本では、永久保存はともかく、徐々に劣化するにしても、紙は虫やカビの害を防げれば、きわめて長年月の保存に耐えるものと一般に信じられてきた。しかし世界各国の国立図書館や公文書館などの大きな蔵書をもつ書庫で、数十年たった洋書や洋紙に書かれた古文書の劣化がかなり進んでおり、100年もたった図書はぼろぼろで、ほとんどページをめくるのも困難なほどに傷んでしまっている事実が相次いで報告された。それは歴史的に、それまで行われていた膠(にかわ)サイズにかわり、1807年に発明されたロジンによる酸性サイズが普及し始めた時期に符合している。このようにして、いわゆる酸性紙が一般に使われるようになってから紙の劣化が著しいことが明らかにされ、この期間に刊行された図書や記録のいっさいが消滅の危機にあることが指摘されるに及んで大きな問題となったのである。
 今日、洋紙、板紙の原料は木材パルプがほとんどであり、一部ではミツマタ(三椏)、アバカ(マニラ麻)および藁(わら)などの非木材パルプもごく少量使われている。いずれにせよパルプの主成分はセルロースで、紙を製造する際は水を加えて離解(パルプを単繊維状態になるように分散させること)し、叩解(こうかい)(パルプを水中でたたいて、各単繊維をもとの繊維体より細い糸状体にすること)し、均一に分散させ、通常これに紙の不透明度を増加させるための填料(てんりょう)や色を付けるための色料、その他各種助剤を加えて完全紙料とする。完全紙料を希釈し、金属またはプラスチックの網などの上で薄い層に抄(す)き上げて乾燥して紙とするが、そのままでは耐水性に乏しく、墨やインクで書けばにじむので、通常、耐水性膠質(こうしつ)物でにじみ止めを行う。これをサイジングまたはサイズという。したがって濾紙(ろし)や吸取紙のような紙にはサイジングを行わない。[御田昭雄]

ロジンサイズ(酸性サイズ)

サイジングに用いる耐水性の膠質をサイズ剤という。ロジンをアルカリで処理してロジンせっけんとし、抄紙に際してはパルプを水に分散してロジンせっけんと硫酸アルミニウムとを混ぜることにより、ロジン酸アルミニウムと少量の硫酸が生成し、液は酸性となり、ロジン酸アルミニウムは不溶化してパルプの表面を覆うようになる。得られた酸性の紙は適度の耐水性をもつ。このようにして製造された紙の強度は、100℃の温度での24~48日間の保存試験の結果、急速に低下した。とくに耐折強度の低下は著しく、まったくぼろぼろになり使えない状態になったとの実験例が報告された。保管する温度が低くなるにしたがって劣化に要する時間は長くなり、常温であれば50~100年かかって今日の書庫にあるような劣化した状態になるとされている。[御田昭雄]

劣化対策

酸性紙でつくられた蔵書の劣化を止めるため、密封できる倉庫に本をまとめて入れ、アンモニアガスを導いて酸を中和する方法などいくつか提案され、一部で実施されている。一方、すでにぼろぼろになった本に対しては1ページごとの裏打ちや、マイクロフィルムによる複写や電子情報化による保存などの作業も行われている。根本的な対策として、筆記用紙や印刷用紙のように長期の保存性が求められる紙の製造に際しては、中性のサイズ剤を施した中性紙に切り替えられている。[御田昭雄]
『紙パルプ技術協会編・刊『紙パルプ便覧』(1992)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

図書館情報学用語辞典の解説

酸性紙

インキのにじみ止めとしてロジンサイズと硫酸アルミニウムを用いた紙.紙の主成分であるセルロースを硫酸イオンが分解するために,年月とともに紙が黄ばんで脆くなり,長期の保存に耐えない.19世紀後半以降の近代製紙技術によって作られた書籍用紙の大部分はpH5以下の酸性紙である.日本では1980年代以降,酸性紙問題として広く知られるようになり,図書館や文書館では,酸性紙の劣化を抑え,資料の保存性を高めることが重要課題であると認識されると同時に,資料保存の考え方を再構築する出発点となった.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android