コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重ねる カサネル

2件 の用語解説(重ねるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かさ・ねる【重ねる】

[動ナ下一][文]かさ・ぬ[ナ下二]
物の上に、さらにそれと同類の物を載せる。「書類を―・ねる」「着物を―・ねて着る」
ある物事に、さらにそれと同類の物事を加える。また、同じことを何度も繰り返す。「悪事を―・ねる」「努力を―・ねる」「年月を―・ねる」
積(つ)む[用法]

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かさねる【重ねる】

( 動下一 ) [文] ナ下二 かさ・ぬ
物の上に(同種の)物をさらにのせる。 「本を何冊も-・ねる」 「セーターを-・ねて着る」
同じことを何度も繰り返す。 「稽古を-・ねる」 「失敗を-・ねる」 「交渉を-・ねてやっと妥結にこぎつける」 「犯行を-・ねる」 「年を-・ねて今日還暦を迎えました」 〔 (1) 「重なる」に対する他動詞。 (2) 「重ねる」と「積む」のちがいについて。「積む」は結果としてかなり積み上がった場合に限られる。それに対して「重ねる」は、同じ種類のものをきちんと置く意に用い、結果としてそう高くならない場合もある〕 → 積む(補説欄)
[慣用] 馬齢を- ・枕を-

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

重ねるの関連情報