コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

積む ツム

2件 の用語解説(積むの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つ・む【積む】

[動マ五(四)]
物の上にさらに物を置く。次々と重ねる。「うずたかく―・まれた商品」「ブロックを―・む」
運ぶために車や船などに荷をのせる。「トラックに新米(しんまい)を―・む」「原油を―・んだタンカー」
物事を繰り返し行う。重ねてする。「練習を―・む」「経験を―・む」
たくわえる。ためる。「巨万の富を―・む」「定期預金に―・む」
しだいに高く重なる。つもる。「降り―・む雪」
[可能]つめる
[用法]つむ・かさねる――「煉瓦(れんが)を積んで(重ねて)塀を作る」など、同種の物を上に置くの意では相通じて用いられる。また、「練習を積む(重ねる)」のように、同種の事柄を繰り返す意でも相通じて用いられる。◇「積む」はある物の上に何かを数多く置くこと。「煉瓦を積む」のように同質の物を置く場合も、「車に荷物を積む」のように異質の物を載せる場合もある。後者の場合「重ねる」で置き換えられない。◇「重ねる」は同質の他の物を添え加えること。上に載せていくとは限らない。「紙を重ねてとじる」「着物を重ねて着込む」「失敗を重ねる」などを「積む」で置き換えることはできない。また、「重ねてお願いします」も「積む」では置き換えられない。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

つむ【積む】

( 動五[四] )
物の上に物を重ねる。 「石を-・んで塀を作る」 「みかんが山と-・まれている」
乗り物に荷物をのせる。積載する。 「貨車に石炭を-・む」 「砂利を-・んだトラック」
長い期間をかけて、次第に増やしたり高めたりする。 「フランスで修業を-・んだコック」 「経験を-・む」 「トレーニングを-・む」
(金品を)ためる。また、貯金する。 「毎月五円宛ずつ会社の方で預つて-・んで置いて/吾輩は猫である 漱石
金銭を相手に渡すべく用意する。 「いくら金かねを-・まれてもこの土地は売らない」 「保釈金を-・んで保釈される」
つもる 」に同じ。 「雪が降り-・む」 「雪のいとおほく降りたるを、うれしうもまた-・みつるかなと/枕草子 87」 〔「積もる」に対する他動詞〕 → かさねる(補説欄)
[可能] つめる

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

積むの関連キーワード重ねる錦上に花を添える皺む食む深む生け込む植込む落掛る薫物の籠

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

積むの関連情報