深刻(読み)シンコク

デジタル大辞泉の解説

しん‐こく【深刻】

[名・形動]
事態が容易ならないところまできていること。また、そのさま。「住宅問題が深刻になる」
容易ならない事態と受けとめて、深く思いわずらうこと。また、そのさま。「深刻に考え込む」「深刻な表情」
考え・表現などが深いところにまで達していて重々しいこと。また、そのさま。
「悲壮な熱情と―な思想とは」〈藤村破戒
無慈悲で厳しいこと。むごいこと。また、そのさま。過酷。
「是程―な復讎(かたき)を取られる程」〈漱石それから
[派生]しんこくさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんこく【深刻】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
事態が切実で重大である・こと(さま)。 「 -な事態におちいる」
問題の重大さに心が深くとらわれる・こと(さま)。 「 -な表情」 「 -に悩む」
物事をつきつめて考えたり、念入りに工夫してある・こと(さま)。 「 -な思想」 「 -な表現」 「堅い樫の板を奇麗に切り込んだ手際は素人とは思はれない。-の出来である/三四郎 漱石
きわめて残忍な・こと(さま)。
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐こく【深刻】

〘名〙 (形動)
① (━する) 深くほりつけること。また、深く心に刻みつけること。深く胸を打つものがあること。また、そのさま。
※破戒(1906)〈島崎藤村〉二〇「悲壮な熱情と深刻な思想とは」
※三四郎(1908)〈夏目漱石〉三「堅い樫の板を奇麗に切り込んだ手際は素人とは思はれない。深刻の出来である」 〔新五代史‐唐六臣伝論〕
② 物事を深くつきつめて考えたり、せんさくしたりすること。また、そのさま。
※童子問(1707)下「公穀二伝、深刻過密、殆若隠語
事態が切迫し、重大なこと。言葉などが重大な意味をもつこと。また、そのさま。
※最暗黒之東京(1893)〈松原岩五郎〉一六「此の悲しむべき売食の事実が人間の生活を説明するは極めて深刻(シンコク)なるものにして」
④ きわめて残忍なこと。むごいこと。また、そのさま。苛酷(かこく)
※史記抄(1477)一六「是以後つよく法の深刻になったは趙禹から始ると云義ぞ」 〔史記‐義縦伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

深刻の関連情報