深刻(読み)シンコク

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]
事態が容易ならないところまできていること。また、そのさま。「住宅問題が深刻になる」
容易ならない事態と受けとめて、深く思いわずらうこと。また、そのさま。「深刻に考え込む」「深刻な表情」
考え・表現などが深いところにまで達していて重々しいこと。また、そのさま。
「悲壮な熱情と―な思想とは」〈藤村破戒
無慈悲で厳しいこと。むごいこと。また、そのさま。過酷。
「是程―な復讎(かたき)を取られる程」〈漱石それから
[派生]しんこくさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動)
① (━する) 深くほりつけること。また、深く心に刻みつけること。深く胸を打つものがあること。また、そのさま。
※破戒(1906)〈島崎藤村〉二〇「悲壮な熱情と深刻な思想とは」
※三四郎(1908)〈夏目漱石〉三「堅い樫の板を奇麗に切り込んだ手際は素人とは思はれない。深刻の出来である」 〔新五代史‐唐六臣伝論〕
② 物事を深くつきつめて考えたり、せんさくしたりすること。また、そのさま。
※童子問(1707)下「公穀二伝、深刻過密、殆若隠語
③ 事態が切迫し、重大なこと。言葉などが重大な意味をもつこと。また、そのさま。
※最暗黒之東京(1893)〈松原岩五郎〉一六「此の悲しむべき売食の事実が人間の生活を説明するは極めて深刻(シンコク)なるものにして」
④ きわめて残忍なこと。むごいこと。また、そのさま。苛酷(かこく)
※史記抄(1477)一六「是以後つよく法の深刻になったは趙禹から始ると云義ぞ」 〔史記‐義縦伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

深刻の関連情報