コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野口幽香 のぐち ゆか

2件 の用語解説(野口幽香の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野口幽香 のぐち-ゆか

1866-1950 明治-昭和時代の幼児教育者。
慶応2年2月1日生まれ。華族女学校(のちの女子学習院)につとめ,明治38年教授。その間の33年森島峰と日本最初の貧民のための保育所二葉幼稚園を創設,大正11年には母の家(母子寮)を付設した。昭和25年1月27日死去。83歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。女子高等師範(現お茶の水女子大)卒。本名は「ゆか」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野口幽香
のぐちゆか
(1866―1950)

教育家、二葉幼稚園創始者。本名ゆか。兵庫県姫路に生まれる。1890年(明治23)東京女子師範学校(第1回生)卒業後、同校附属幼稚園保母となる。その間キリスト教に受洗。1894年に華族女学校附属幼稚園設立に際し、助教授の資格で保母の仕事に専念するかたわら、1900年(明治33)東京麹町(こうじまち)に貧児を集めて森島みね(1868―1936)とともに二葉幼稚園を設立。日本における保育所の最初とされる。のちいっさいの専任を徳永恕(ゆき)(1887―1973)に譲る。1942年(昭和17)より香淳皇后に侍講を務める。昭和25年新宿区上落合にて死去。[吉見周子]
『貝出寿美子著『野口幽香の生涯』(1974・キリスト新聞社) ▽上笙一郎・山崎朋子著『光ほのかなれども』(1980・朝日新聞社/社会思想社・現代教養文庫) ▽『近代日本の女性史9 学問・教育の道ひらく』(1981・集英社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の野口幽香の言及

【徳永恕】より

…1908年卒業と同時に,四谷鮫ヶ橋の二葉幼稚園(1916年に二葉保育園と改称)保母となった。園の創立者野口幽香(ゆか)(1866‐1950)から〈二葉の大黒柱〉と信頼され,以後《青鞜》派にひかれつつもみずから後衛を任じ,つぎつぎと社会事業をおこした。19年不就学児童のための小学部を設置,21年には死か堕落の岐路にあえぐ母と子を収容する〈母の家〉を創設した。…

【二葉保育園】より

…明治期に創設された代表的な保育所。野口幽香(ゆか)(1866‐1950)らクリスチャンにより,1900年東京麴町に二葉幼稚園の名で開設された。当時の幼稚園が中流以上の子どもの保育に傾いていたのに対し,貧民の子を良い境遇において教育することはおとなの義務であるとの考えに立って,3歳以上の幼児を対象に1日7~8時間の保育を行い,休日も日曜・祝祭日と年末年始に限り,これにより父母の労働を助けた。…

※「野口幽香」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

野口幽香の関連キーワード冤罪英学現代資本主義中南米映画海洋文学池内蔵太海保漁村カッテンデイケ木下逸雲吉良仁吉

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

野口幽香の関連情報