コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野島康三 のじまやすぞう

7件 の用語解説(野島康三の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野島康三
のじまやすぞう

[生]1889.2.12. 埼玉,浦和
[没]1964.8.14. 神奈川,葉山
大正,昭和初期の代表的な芸術写真家。慶應義塾大学在学中より写真を始め,1911年東京写真研究会に入会。また油絵を国画創作協会に出品して会友となる。 28年に日本写真会同人となり,32年には木村伊兵衛中山岩太らと『光画』を創刊。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

のじま‐やすぞう〔‐やすザウ〕【野島康三】

[1889~1964]写真家。埼玉の生まれ。昭和7年(1932)木村伊兵衛らと写真雑誌「光画」を創刊。新興写真運動を展開し、優れたヌード・肖像作品を残した。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

野島康三【のじまやすぞう】

写真家。埼玉県浦和市生れ。銀行家の長男として生まれるが,結核のため慶応義塾大理財科を中退し,実業の道を断念。1911年,アマチュア写真団体である東京写真研究会に入会し,以降アマチュア写真家として活動。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野島康三 のじま-やすぞう

1889-1964 大正-昭和時代の写真家。
明治22年2月12日生まれ。慶応義塾在学中に東京写真研究会に入会。大正8年兜屋(かぶとや)画堂を設立して新進洋画家を紹介。昭和7年木村伊兵衛らと「光画」を創刊し,新興写真運動を推進した。初期作品には人物,ヌードがおおい。昭和39年8月14日死去。75歳。埼玉県出身。慶応義塾普通部卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

のじまやすぞう【野島康三】

1889‐1964(明治22‐昭和39)
日本の代表的な写真家の一人。とくにヌードと肖像写真に新境地を開いた。埼玉県浦和に生まれ,慶応義塾普通部在学中から写真を始める。1911年芸術写真の研究・推進団体〈東京写真研究会〉に入会,19年には神田に〈兜屋(かぶとや)画堂〉を開設,新進画家に発表の場を与えた。32年木村伊兵衛中山岩太らと写真同人誌《光画》を創刊。前衛的な傾向の写真作品,写真論を積極的にとりあげ,〈新興写真〉の中心部分を形成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

のじまやすぞう【野島康三】

1889~1964) 写真家。埼玉県生まれ。アマチュア写真家だったが、大正から昭和初期にかけてヌード・肖像に優れた作品を残す。写真雑誌「光画」を自ら創刊。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野島康三
のじまやすぞう
(1889―1964)

写真家。埼玉県浦和(現さいたま市)生まれ。父は東京中井銀行の創業者。1910年代から30年代の日本で、芸術としての写真という表現領域の確立と推進に大きく寄与した。17歳ごろから写真を始める。慶応義塾大学理財科(現経済学部)に在学中の1909年(明治42)、有力なアマチュア写真家団体東京写真研究会へ入会。年1回開催の同会年次展に出品するようになり、風景や人物などを主題としたゴム印画法(アラビアゴム重クロム酸カリウムと各種の顔料の混合乳剤を塗布した紙などの支持体に画像を焼付ける写真印画法で、画面のテクスチュアや色調をコントロールしやすく、耐久性にも優れている)による重厚な作風で早くから注目を集めた。11年結核を患(わずら)い大学を中退。翌12年に東京写真研究会の会員たちと「四人会」を結成し、勉強会などを活発に行った(15年(大正4)まで継続)。15年制作のヌード作品「樹による女」は、初期の傑作として特に名高い。同年オーナーとして東京・日本橋人形町に三笠写真館を開設(20年麹町(こうじまち)九段に新設した野々宮写真館の経営へ転じる)。また19年には東京・神田神保町に兜(かぶと)屋画廊を開設、関根正二、中川一政(かずまさ)ら新進の洋画家たちの個展を催すなど、同時代の美術を支援する活動にも力を注いだ。
 1930年代に入って、野島は欧米から伝播してきた写真表現上のモダニズムの潮流に感化を受け、作風を大きく変化させた。それまでの絵画主義的な印画技法を捨て、ゼラチン・シルバー・プリント(ゼラチンと銀塩の乳剤を塗布した印画紙を用いる、現在一般化している白黒写真印画法)での制作に転じ、「モデルF」として知られる女性を撮ったヌードやポートレートの連作をはじめ、大胆なクローズ・アップや抽象的な空間構成によって力感溢れる女性像を数多く撮影した。こうした表現上の転換と並行して、32年(昭和7)、自らの出資で写真雑誌『光画』を創刊。同人として写真家の中山岩太(いわた)、木村伊兵衛が参加。2号目より写真評論家伊奈信男も加わる。当時さまざまな実験作に取り組んでいた東京や関西の写真家たちの作品や、海外の新しい写真表現の動向を紹介した記事を掲載する画期的な雑誌作りをすすめた。同誌は33年、通巻18号目にあたる12月号で休刊となったが、史上有数の質の高い内容をもった写真雑誌として今日も評価を得ている。
 『光画』休刊以降、写真家としては第一線を退き、母校の慶応義塾大学カメラクラブや、37年に創設したレディス・カメラクラブなどのサークルで後進の指導にあたった。[大日方欣一]
『『野島康三遺作集』刊行会編『野島康三遺作集』(1965・日本フォトセンター) ▽京都国立近代美術館編・刊『京都国立近代美術館・所蔵作品目録IV 野島康三』(1997) ▽『日本の写真家4 野島康三』(1998・岩波書店) ▽飯沢耕太郎著『写真に帰れ――「光画」の時代』(1988・平凡社) ▽「野島康三とその周辺」(カタログ。1991・渋谷区立松濤美術館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の野島康三の言及

【画商】より

…東京美術俱楽部は東京のほか大阪,京都,名古屋,金沢に俱楽部をもち,入札競売のほか毎年〈五都展〉を開く。一方,洋画商の草分けは1910年,高村光太郎が開いた琅玕堂(ろうかんどう)で,大正初期に田中喜作の田中屋,川路柳虹の流逸荘,野島康三の兜屋がつづく。昭和初期に牧師出身の長谷川仁がはじめた日動画廊は,戦前は上海,戦後はパリをふくむ10都市以上に支店をもった。…

※「野島康三」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

野島康三の関連キーワード饗庭篁村広島(市)森有礼メネリク[2世]ストレンジ二葉亭四迷ペルス=ライケンマクブライドメタテクシス斑晶

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

野島康三の関連情報