コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村伊兵衛 きむらいへえ

7件 の用語解説(木村伊兵衛の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木村伊兵衛
きむらいへえ

[生]1901.12.12. 東京
[没]1974.5.31. 東京
写真家。 1919年京華商業学校卒業。関東大震災後,23年に自宅で写真館を開業したが,30年から花王石鹸広告部嘱託となり初めてA型ライカを手にした。以後ライカ一筋の作画に励む。 32年『光画』同人。翌年名取洋之助伊奈信男岡田桑三,原弘らと「日本工房」を設立し,花王石鹸を退社。 34年名取と分れて「中央工房」を設立し,海外へ報道写真を送る。 36年日独合作映画『新しき土』のスチール写真を担当。第2次世界大戦後は報道写真の中心的存在として,50年日本写真家協会初代会長となる。 54年ヨーロッパ旅行以後,中国を4度訪問して取材。軽妙なスナップ・ショットは名人芸とされた。代表作品『木村伊兵衛外遊写真集』 (1955) ,『前進座舞台写真集』 (66) 。 55年に菊池寛賞,56年に芸術選奨文部大臣賞を受賞。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

木村伊兵衛

東京・下谷(現・台東区下谷)生まれ。日本写真家協会初代会長。51歳だった1952年に秋田県展の写真部門の審査員として秋田を訪れたのをきっかけに、71年までに21回秋田を訪れ、秋田の農村をライフワークに319本のフィルムを収めた。

(2014-10-15 朝日新聞 朝刊 秋田全県・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きむら‐いへえ〔‐イヘヱ〕【木村伊兵衛】

[1901~1974]写真家。東京の生まれ。スナップ写真の名手として知られ、報道写真の新分野を開拓。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

木村伊兵衛【きむらいへえ】

写真家。東京生れ。1924年,日暮里に営業写真館を開業,かたわらアマチュア写真家として活動。1930年,花王石鹸広告部に嘱託として入社し商業写真を始める。同年,ドイツ製小型カメラライカA型〉を入手,これをきっかけにスナップ・ショットで市井の人々の姿を記録し,日本の写真に新しい表現を切り開いた第一人者となる。
→関連項目名取洋之助浜谷浩林忠彦

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きむらいへえ【木村伊兵衛】

1901‐74(明治34‐昭和49)
戦前,戦後を通じて活躍した日本の代表的な写真家。東京下谷の出身で,京華商業卒業後,1920年台湾に渡り,同地で写真技術を習得した。24年帰国後,東京日暮里で写真館を開業するとともに,アマチュア写真クラブを組織して芸術写真の制作もはじめた。30年花王石鹼広告部に入社,生活感あふれる広告写真を撮影した。このころに35ミリフィルムを使用するライカA型カメラを自分の手足のように駆使することで,日常的な光景をスナップする独自の写真スタイルを確立している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きむらいへえ【木村伊兵衛】

1901~1974) 写真家。東京生まれ。何げない生活の風景、人物の瞬間的表情などをスナップで鋭くとらえた。戦後はリアリズム写真運動を指導。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木村伊兵衛
きむらいへえ
(1901―1974)

写真家。東京・下谷(したや)生まれ。小型カメラによるスナップ撮影の名手として、1930年代から70年代初めまで第一線で活躍した。13歳ころから写真撮影に親しむ。1919年(大正8)東京・本郷の京華(けいか)商業学校を卒業。翌年、台湾・台南市の砂糖問屋に入社。勤務のかたわら同地の写真館に出入りし、営業写真の技術を習得する。22年に帰京し、24年東京・日暮里(にっぽり)で写真館を開業。アマチュア・カメラクラブ、並木写友会に入会し、飯田幸次郎らのメンバーと海外の写真集を研究。
 30年(昭和5)花王石鹸長瀬商会広告部に嘱託入社(33年まで勤務)。同年、登場したばかりのライカA型カメラを購入、35ミリ判小型カメラによる撮影に集中しはじめる。
 32年、当時の日本で写真表現におけるモダニズムの推進者として活躍していた写真家野島康三(やすぞう)、中山岩太(いわた)と雑誌『光画』を創刊(~1933)、都市スナップの作品を同誌に発表。33年、ドイツからルポルタージュ・フォトの方法論を持ち帰った写真家名取洋之助が創設した日本工房(第一次)に写真評論家伊奈信男、プランナー岡田桑三(そうぞう)(1903―83)、グラフィック・デザイナー原弘(ひろむ)と参加。同年、日本工房第1回展として個展「ライカによる文芸家肖像写真展」(紀伊國屋、東京・銀座)を開催、小型カメラの速写性を活かしてモデルの一瞬の表情を細(こま)やかにとらえた人物写真の連作を発表し、高い評価を得る。
 34年日本工房を離れ、伊奈、岡田、原と中央工房を設立。海外のメディアへ写真を配信する目的で、中央工房内に渡辺義雄らと国際報道写真協会を作り、さまざまな報道写真の仕事を手がける。35年夏に沖縄を取材、映画の移動撮影を意識しつつ那覇の市場でスナップの連写を試み、新境地をひらいた。第二次世界大戦中は陸軍参謀本部の意向に基づき41年に組織された対外宣伝プロダクション、東方社に所属し、写真部責任者として対外宣伝グラフ誌『FRONT』の制作に従事した。
 敗戦後、47年(昭和22)サンニュースフォトス社に入社、名取の企画によるグラフ誌『週刊サンニュース』(1949年廃刊)の写真部主任を務める。1950年代以降、カメラ雑誌を中心に女性のポートレートや東京の下町、歌舞伎舞台のスナップ、ヨーロッパ外遊(1954、55、60)の折に撮影した作品などを多数発表。52年から71年まで、21回にわたって東北・秋田の人々の暮らしを撮り続けたシリーズ「秋田」は、戦後における代表作としてとくに名高い。東京を中心に、都会の路上でのスナップ撮影を意欲的に晩年まで続け、「街角で」と題するシリーズとして71年から74年まで『アサヒカメラ』誌に断続的に連載。74年心筋梗塞のため72歳で没。翌年その業績を記念して、朝日新聞社が新人写真家を対象とする「木村伊兵衛写真賞」を創設した。[大日方欣一]
『『小型カメラの写し方・使ひ方』(『写真実技大講座』第2巻・1937・玄光社) ▽『JAPAN THROUGH A LEICA』(1938・三省堂) ▽『王道楽土』(1943・アルス) ▽『木村伊兵衛傑作写真集』(1954・朝日新聞社) ▽『木村伊兵衛外遊写真集』(1955・朝日新聞社) ▽『ヨーロッパの印象』(1956・朝日新聞社) ▽『木村伊兵衛写真集 パリ』(1974・のら社) ▽『ニコンサロンブックス4 秋田』(1978・ニッコールクラブ) ▽『木村伊兵衛名作全集』全3巻(1979・世界文化社) ▽『木村伊兵衛写真全集 昭和時代』全4巻(1984・筑摩書房) ▽『日本の写真家8 木村伊兵衛』(1998・岩波書店) ▽『定本 木村伊兵衛』(2002・朝日新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

木村伊兵衛の関連キーワード正岡子規ノーベル賞カクランノルデンショルドブラントンロッシュ星亨草かげの小径にてデトロイト・タイガースカイペル

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

木村伊兵衛の関連情報