コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中山岩太 なかやまいわた

6件 の用語解説(中山岩太の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中山岩太
なかやまいわた

[生]1895. 福岡,柳川
[没]1949.1.20. 芦屋
昭和初期を代表する写真家。 1918年の東京美術学校写真科第1回卒業生。同年渡米して,21年ニューヨーク五番街にスタジオを開業。 27年フランスを経て帰国し,以後兵庫県芦屋に在住。 30年第1回「国際広告写真展」で『福助足袋』が1等となり,また同年前衛写真運動を開始。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

中山岩太【なかやまいわた】

写真家。福岡県柳川生れ。1915年東京美術学校臨時写真科に第一期生として入学。1918年に渡米,カリフォルニア州立大学で学んだ後,ニューヨークで菊地東陽の経営するキクチ・スタジオで写真技師となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中山岩太 なかやま-いわた

1895-1949 大正-昭和時代の写真家。
明治28年8月3日生まれ。大正10年ニューヨークでスタジオをひらく。昭和2年帰国,5年第1回国際広告写真展で1等,同年芦屋カメラクラブを結成,新興写真運動の中心となった。昭和24年1月20日死去。55歳。福岡県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

なかやまいわた【中山岩太】

1895‐1949(明治28‐昭和24)
昭和初期から活躍した商業(広告)・肖像写真家。福岡県柳川に生まれ,1914年に東京美術学校臨時写真科に入学。18年に同校を卒業すると,渡米してニューヨークで写真スタジオを経営する。27年,ヨーロッパ経由で帰国。30年,東京朝日新聞社主催の第1回国際広告写真展に〈福助足袋〉の広告写真で一等入賞,その新鮮な造型感覚で注目された。同年写真クラブ〈アシヤカメラクラブ〉を創立,翌年には兵庫の芦屋にスタジオも開設した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

なかやまいわた【中山岩太】

1895~1949) 写真家。福岡県生まれ。東京美術学校で写真を学び、卒業後渡米。パリ滞在を経て帰国し、1930年(昭和5)に芦屋カメラクラブを創設する。幻想的な作風のモンタージュ写真で知られる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中山岩太
なかやまいわた
(1895―1949)

写真家。昭和初期の日本の写真界にモダニズムを持ち込んだ。福岡県柳川(やながわ)生まれ。1918年(大正7)東京美術学校特設写真科を卒業すると渡米し、カリフォルニアを経てニューヨークの五番街にスタジオを設ける(1921)。その後、フランス、スペインを周遊して帰朝の途につくが、パリで画家藤田嗣治(つぐはる)やその仲間の前衛的な芸術家と交友。27年(昭和2)帰国、29年から兵庫県芦屋(あしや)市に居を定め、30年には地元のハナヤ勘兵衛(かんべえ)、紅谷吉之助(べにたにきちのすけ)らと「芦屋カメラクラブ」を創設し、新興写真運動を展開、肖像写真、フォトモンタージュなどに前衛的で幻想的な作風を示し人気を博した。
 また、野島康三(やすぞう)主宰の写真雑誌『光画(こうが)』の同人としても活躍、当時のアマチュア写真界に大きな影響を及ぼした。[平木 収]
『桑原甲子雄編『日本写真全集3 近代写真の群像』(1986・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

中山岩太の関連キーワード深刻小説日清戦争イタリア映画観念小説文芸倶楽部蠟山政道新聞小説日中関係文化勲章吉田茂内閣

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中山岩太の関連情報