コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中山岩太 なかやまいわた

6件 の用語解説(中山岩太の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中山岩太
なかやまいわた

[生]1895. 福岡,柳川
[没]1949.1.20. 芦屋
昭和初期を代表する写真家。 1918年の東京美術学校写真科第1回卒業生。同年渡米して,21年ニューヨーク五番街にスタジオを開業。 27年フランスを経て帰国し,以後兵庫県芦屋に在住。 30年第1回「国際広告写真展」で『福助足袋』が1等となり,また同年前衛写真運動を開始。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

中山岩太【なかやまいわた】

写真家。福岡県柳川生れ。1915年東京美術学校臨時写真科に第一期生として入学。1918年に渡米,カリフォルニア州立大学で学んだ後,ニューヨークで菊地東陽の経営するキクチ・スタジオで写真技師となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中山岩太 なかやま-いわた

1895-1949 大正-昭和時代の写真家。
明治28年8月3日生まれ。大正10年ニューヨークでスタジオをひらく。昭和2年帰国,5年第1回国際広告写真展で1等,同年芦屋カメラクラブを結成,新興写真運動の中心となった。昭和24年1月20日死去。55歳。福岡県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

なかやまいわた【中山岩太】

1895‐1949(明治28‐昭和24)
昭和初期から活躍した商業(広告)・肖像写真家。福岡県柳川に生まれ,1914年に東京美術学校臨時写真科に入学。18年に同校を卒業すると,渡米してニューヨークで写真スタジオを経営する。27年,ヨーロッパ経由で帰国。30年,東京朝日新聞社主催の第1回国際広告写真展に〈福助足袋〉の広告写真で一等入賞,その新鮮な造型感覚で注目された。同年写真クラブ〈アシヤカメラクラブ〉を創立,翌年には兵庫の芦屋にスタジオも開設した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

なかやまいわた【中山岩太】

1895~1949) 写真家。福岡県生まれ。東京美術学校で写真を学び、卒業後渡米。パリ滞在を経て帰国し、1930年(昭和5)に芦屋カメラクラブを創設する。幻想的な作風のモンタージュ写真で知られる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中山岩太
なかやまいわた
(1895―1949)

写真家。昭和初期の日本の写真界にモダニズムを持ち込んだ。福岡県柳川(やながわ)生まれ。1918年(大正7)東京美術学校特設写真科を卒業すると渡米し、カリフォルニアを経てニューヨークの五番街にスタジオを設ける(1921)。その後、フランス、スペインを周遊して帰朝の途につくが、パリで画家藤田嗣治(つぐはる)やその仲間の前衛的な芸術家と交友。27年(昭和2)帰国、29年から兵庫県芦屋(あしや)市に居を定め、30年には地元のハナヤ勘兵衛(かんべえ)、紅谷吉之助(べにたにきちのすけ)らと「芦屋カメラクラブ」を創設し、新興写真運動を展開、肖像写真、フォトモンタージュなどに前衛的で幻想的な作風を示し人気を博した。
 また、野島康三(やすぞう)主宰の写真雑誌『光画(こうが)』の同人としても活躍、当時のアマチュア写真界に大きな影響を及ぼした。[平木 収]
『桑原甲子雄編『日本写真全集3 近代写真の群像』(1986・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中山岩太の関連キーワード頴川恵恂後免真影浜田高等遊民女優劇チンドン屋幸田露伴(こうだ・ろはん)海野普吉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中山岩太の関連情報