コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野沢喜八郎 のざわきはちろう

2件 の用語解説(野沢喜八郎の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

のざわきはちろう【野沢喜八郎】

義太夫節の三味線演奏者。喜八ともいう。(1)初世(?‐1727(享保12)ころ) 竹沢権右衛門門下。傘屋を営んでいたときの名前野沢屋喜八にちなむ芸名。野沢姓の祖で,豊竹上野少掾(豊竹若太夫)を弾く。(2)2世(?‐1755(宝暦5)) 初世門下。豊竹座で豊竹越前少掾を,1749年(寛延2)竹本座に移って竹本大和掾を弾く。番付に三味線連名を初めて掲げさせた。(3)3世 生没年不詳。2世門下で,喜吉,2世吉五郎から3世をつぐ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野沢喜八郎
のざわきはちろう

義太夫(ぎだゆう)節の三味線。野沢派の宗家名。1952年(昭和27)に鶴沢鱗糸(つるざわりんし)が9世を継いだが、初世、2世、5世が名高い。初世(生没年未詳)は通称を間(あい)の町(まち)といい、1721年(享保6)には豊竹(とよたけ)座で竹沢権右衛門のワキを勤めている。26年、豊竹上野少掾(こうずけのしょうじょう)(後の越前少掾)の『北条時頼記(ほうじょうじらいき)』女鉢の木を弾いて、一躍名をはせた。2世(安永初年没)は通称を富小路(とみのこうじ)という。1750年(寛延3)に竹本座へ移り、竹本大和掾(やまとのじょう)を弾いて68年(明和5)まで出演した。3世は主として京都で活躍、また4世は死後の贈り名だという説がある。5世は、幕末から明治にかけての大立者であった5世鶴沢友次郎(1814―95)が1880年(明治13)から数年のあいだ名のった。[倉田喜弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

野沢喜八郎の関連キーワード相三味線義太夫節義太夫三味線竹本立三味線豊沢団平太棹脇三味線鶴谷藤八野沢勘蔵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone