コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利根運河 とねうんが

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

利根運河
とねうんが

千葉県北西部,利根川江戸川を結ぶ運河。柏市田中-流山市新川間の全長約 9km。オランダ人の設計で 1887年起工,90年完成。運河完成で銚子-東京間は,蒸気船で1日の行程に短縮された。しかし鉄道の発達で河川交通は激減し,1931年の大水害以後水運は消滅。現在は利根川から用水を導入する水路に利用されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

利根運河

利根運河は、東北方面から江戸(東京)に、物資をいかに早く安全に船で運ぶかという発想から生まれた。明治はじめまで、銚子から利根川をのぼり、関宿から江戸川を下っていた。だが、関宿周辺は、浅瀬中州が多く、度々航行不能に見舞われた。運河の誕生で、2~3日かかった東京―銚子間(約145キロ)が、18時間余りで結ばれた。開通翌年の1891(明治24)年、年間通船数は3万8933隻を記録した。だが20年ほどで物流の主役は鉄道、そして自動車に代わる。1941(昭和16)年、大洪水で利根川口の堰(せき)が決壊。大量の土砂が流入し、舟運は終わりを告げた。時をへて、10年前には、利水の役割も終えた。今は水質改善のために時々、利根川から水をポンプでくみ上げ、運河に流している。

(2010-11-05 朝日新聞 朝刊 千葉全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とね‐うんが【利根運河】

千葉県北西部にある、利根川江戸川とを結ぶ運河。北方の野田市関宿を回る水運の近道として、明治23年(1890)開通。長さ約8キロ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とねうんが【利根運河】

千葉県北西部、利根川と江戸川を結ぶ運河。東京・銚子間の内陸水運を短縮する目的で1890年(明治23)作られた。長さ8キロメートル 余。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

利根運河
とねうんが

千葉県北西部、利根川と江戸川を結ぶために掘削された運河。利根川と江戸川の分流点である関宿(せきやど)(野田市)を通る利根水運は、明治期に入って盛んに利用されたが、冬季の渇水と関宿迂回(うかい)を避けるため二つの川をバイパスで結ぶ運河開削の機運が高まり、また茨城県側の要望もあって政府は1886年(明治19)開削に着手した。その後、茨城県知事の設立した利根運河株式会社に引き継がれ、オランダ人技師ムルデルAnthonie Thomas Lubertus Rouwenhorst Mulder(1848―1901)の監督の下、1890年柏(かしわ)市船戸(ふなど)と流山(ながれやま)市深井新田間8.2キロメートルが完成した。この運河によって関宿回り銚子(ちょうし)―東京間は50キロメートル、約6時間の短縮となり、蒸気船が行き交い、最盛期には通過船は年間3万8000隻を数えた。明治末には鉄道開通によって衰退し、利根川の洪水調節用放水路として使われたが、1941年(昭和16)の台風被害以後荒廃し、第二次世界大戦後は一時「死の川」となっていた。1947~1950年に建設省(現国土交通省)の改修工事が加えられ、以後は緊急水道用野田導水路となった。現在は利根川の水質改善などを目的とし、利用されている。2007年(平成19)、近代化産業遺産に認定された。[山村順次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の利根運河の言及

【江戸川】より

…近世から明治末まで江戸(東京)に物資を輸送する水運で栄え,関宿藩は城下の江戸町に番所をおいて川船を改めた。1903年利根川の柏と江戸川の流山を結んで航路を短縮する利根運河が開設され,関東平野から東京に送る物資の大動脈となった。しかし明治末に鉄道が普及するようになって水運は急速に衰えた。…

【利根川】より

…1687年(貞享4)に松尾芭蕉が利根川の川船を利用して鹿島を訪れたのをはじめ,十返舎一九,小林一茶,高田与清,平田篤胤,渡辺崋山など多くの文人墨客が江戸から訪れて沿岸地域に種々の影響を与え,下総国学の形成や,宮負(みやおい)定雄,佐原の伊能忠敬,楫取魚彦(なひこ),久保木清淵,布川(ふかわ)の赤松宗旦(《利根川図志》の著者)など多くの思想家,学者を輩出した。 明治期に入ると,中利根川と江戸川中流を結ぶ〈利根運河〉が開通し,東京両国と古河,銚子間などに蒸気船が就航するなど,一時は大変な活況を呈するが,鉄道の発達と普及によって,徐々に輸送荷物が減少して衰退し,特に明治30年代からの河川改修工事方針の変化は,河川を水運に適さぬものとし,利根川水運も大きな打撃を受けた。しかし,利根川下流地域や霞ヶ浦などでは,鉄道と結んでなお水運が重要な役割を担っていたが,昭和30年代からの大型トラック輸送の発達により,最終的に消滅した。…

【流山[市]】より

…渡良瀬川の洪水で上州赤城山の一部が流れついたという地名伝説が残り,台地の微高地に赤城神社がある。中心街は江戸時代中期以降江戸川と利根運河の水運で栄えた河港である。利根運河は利根川と江戸川を結ぶ運河で,1887年に起工し,90年に完成した。…

※「利根運河」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

利根運河の関連キーワード利根運河とムルデル千葉県野田市人見 勝太郎千葉県流山市水海道[市]流山[市]流山(市)広瀬誠一郎内陸水運ムルデル柏(市)人見寧

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

利根運河の関連情報