コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金明竹 キンメイチク

4件 の用語解説(金明竹の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きんめい‐ちく【金明竹】

マダケ栽培品種。全体に黄金色で、葉には初め黄色でのちに白く変わる縦線がある。主に、観賞用。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

金明竹(きんめいちく)

古典落語の演目のひとつ。江戸から大阪に移り、再度東京に戻されている。代表的な前座噺のひとつ。「長口上」とも。三代目三遊亭金馬が得意とした。オチは地口オチ。主な登場人物は、与太郎

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きんめいちく【金明竹】

マダケの栽培品種。茎が黄色で、枝の出た上の一節の溝が緑色に残って美しい。観賞用に栽培する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金明竹
きんめいちく

落語。『寿限無(じゅげむ)』とともに早口でしゃべる前座咄(ぜんざばなし)の代表作。与太郎が店番をしているところへきた中橋の加賀屋佐吉の使いが「先度仲買(せんどなかが)いの弥市が取り次ぎました道具七品(ななしな)のうち、祐乗(ゆうじょ)・光乗(こうじょ)・宗乗三作(そうじょさんさく)の三所物(みところもの)、並びに備前長船(びぜんおさふね)の則光(のりみつ)、四分一(しぶいち)ごしらえ横谷宗小柄付(よこやそうみんこづかつ)きの脇差(わきざし)、柄前(つかまえ)はな、旦那(だな)はんが古鉄刀木(ふるたがや)と言やはって。やっぱりありゃ埋木(うもれぎ)じゃそうに、木(き)ぃが違(ちご)うておりますさかいなぁ、念のためちょとおことわり申します。次はのんこの茶碗(ちゃわん)、黄檗山(おうばくざん)金明竹、寸胴(ずんどう)の花活(はないけ)、“古池や蛙(かわず)飛び込む水の音”と申します、あれは風羅坊正筆(ふうらぼうしょうひつ)の掛物(かけもの)で……」と早口で、与太郎とあとから応対に出た女房を前に、この口上を計4回しゃべって帰ってしまう。帰ってきた主人が女房に尋ねるがいっこうにらちがあかず、「はっきりしたところを一所(ひとところ)ぐらい?」「思い出しました。古池へ飛び込みました」「あの人には道具七品を預けてあるが買ったかなぁ」「買わず(蛙)でございます」。前半、主人が出かけるまでの与太郎とのやりとりは初代石井宗叔(そうしゅく)(?―1803)の作であるが、後半の金明竹の口上は大阪で付加されたと伝えられている。[関山和夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金明竹の関連キーワード朝友お文唐茶屋くやみ小いな尻餠地見屋酢瓶たばこの火虎狩

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金明竹の関連情報