コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金泳三 きんえいさん

4件 の用語解説(金泳三の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金泳三
きんえいさん

「キム・ヨンサム (金泳三)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

キム‐ヨンサム【金泳三】

[1927~2015]韓国の政治家。第14代大統領慶尚南道出身。1954年国会議員に当選。長く野党議員として活躍するが90年に当時の与党に合流。93年、13年ぶりの文民大統領となった。政権末期には通貨危機が起こり、不況のなか98年に任期を終えた。きんえいさん。→キムデジュン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

金泳三【きんえいさん】

韓国の政治家。慶尚南道巨済島出身。1952年ソウル大学哲学科卒業。1954年国会議員に初当選。1961年野党の新民党青年部長,1974年総裁を歴任して朴正煕政権と対立。
→関連項目大韓民国盧武鉉

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金泳三
きんえいさん / キムヨンサム
(1927― )

韓国(大韓民国)の第14代大統領。慶尚南道(けいしょうなんどう/キョンサンナムド)釜山(ふざん/プサン)生まれ。ソウル大学文理大哲学科卒業。国務総理秘書官を経て、1954年自由党から民議院議員に史上最年少の26歳で当選。1960年民主党所属議員となり、新民党結党に参加したが、1961年の軍事革命で失脚した。その後、民政党、民衆党を転々としたのち、新民党有力幹部となり、1979年党首に選出されて、同党を反体制に転回させた。1980年春、金大中(きんだいちゅう/キムデジュン)、金鍾泌(きんしょうひつ/キムジョンピル)と並ぶ「三金」の一人として大統領有力候補と目されたが、全土戒厳令、全斗煥(ぜんとかん/チョンドファン)政権成立によって政治活動を禁止された。1983年の断食闘争を経て、民主化運動や新韓民主党創立を推進した。1985年政治活動解禁。1985年2月の総選挙では金大中と新韓民主党を結成して躍進した。しかし、1987年5月に統一民主党を結成、党首として同年末の大統領選に出馬した。金大中を抑えて2位となったが、盧泰愚(ろたいぐ/ノテウ)の当選を阻めなかった。1990年1月、盧泰愚総裁の呼びかけで金鍾泌の共和党とともに与党の民正党に合流し、新たに民主自由党(のち新韓国党。現ハンナラ党)を結成して最高委員となった。1992年9月に同党総裁となり、12月の大統領選挙に出馬し金大中を破って当選、1993年2月に就任した。1995年の統一地方選挙、1996年の国会議員選挙で与党民自党が敗北、苦しい議会運営を強いられた。1995年1月、反乱・内乱・不正蓄財容疑で全・盧両元大統領の逮捕に踏み切り、1996年6月、2人に重刑を課した。1996年に金大統領の二男で秘書の金賢哲(きんけんてつ/キムヒョンチョル)が関与した財閥の不正巨額融資事件が発覚、1997年3月、国民に謝罪声明を発表するなど政権末期のレイムダック現象が続いた。1997年秋からの韓国の経済危機について、市民団体から「危機に適切に対処できなかった」として刑法の職務遺棄罪で告発されていたが、1998年検察当局は、責任は問わないことを決めた。1998年2月大統領を任期満了で退任。1994年(平成6)3月には国賓として来日している。[玉城 素]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の金泳三の言及

【大韓民国】より

…その指導者で野党の大統領候補であった金大中(1925‐ )が,政敵抹殺をねらった朴政権によって73年8月に東京で拉致されると,南北対話は中断され,日韓関係も以後緊張の度を加えていくことになる。維新体制に対する民衆の批判を高度経済成長の実現によってかわしながら長期政権を維持した朴正熙は,79年の第2次石油危機を契機とする不況と,それを背景とした労働運動の高揚,野党=新民党(総裁,金泳三)の急進化,釜山・馬山の民衆暴動等の一連の政治的危機の深まりのなかで,10月26日に腹心の部下である金載圭中央情報部長に射殺され,衝撃的な最期を遂げた。 以後80年前半にかけて民主化運動は急激に発展,次の政権をねらう野党系の金大中,金泳三(1927‐ )と朴政権直系の金鍾泌(1926‐ )が民主化で歩調を合わせ,〈三金時代〉と呼ばれる韓国政治の新時代が始まるかにみえたが,急速な政治変革を恐れた軍部は,80年5月17日の非常戒厳令の全国化によって実権を掌握し,抵抗する光州の学生・市民多数の虐殺(光州事件,85年の政府報告では死者192人)を通して,再び軍人中心の全斗煥(1931‐ )政権(第5共和国)を成立させた。…

※「金泳三」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

金泳三の関連キーワード崔圭夏全斗煥ニクソンルーズベルトチェスターAアーサーJアダムズウィリアムHタフトウィリアムHハリソンジョージHWブッシュ尹潽善

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金泳三の関連情報