コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金玉糖 キンギョクトウ

デジタル大辞泉の解説

きんぎょく‐とう〔‐タウ〕【金玉糖】

寒天・水・砂糖・水あめを煮詰めたものを冷やして固め、ざらめ砂糖をまぶした涼味のある和菓子 夏》「鉢に敷く笹葉透かして―/かな女」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

金玉糖【きんぎょくとう】

和菓子の一種。煮溶かした寒天に砂糖あるいは水あめを加えて煮つめ,冷やし固めて作る。透明で涼感があり夏季の菓子として喜ばれ,口取にもする。道明寺粉糯米(もちごめ)を蒸して乾燥し粉末にしたもの)を入れたみぞれ羹(かん),卵白を入れた泡雪(あわゆき)羹などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

きんぎょくとう【金玉糖】

夏向きの和菓子の一。寒天に多量の砂糖を入れ煮上げてから型に流し込み、静かに冷やし固め、ざらめ砂糖をまぶした半透明の菓子。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金玉糖
きんぎょくとう

練り羊かんの一種。こはく糖ともいう。寒天を溶かして砂糖、水飴(みずあめ)、香料を加え、寒天が糸を引くまで練り上げてから冷却して固める。黄色味を帯びた透明さが涼しげにみえ、ゼリーのような淡泊な感じが夏向きの菓子とされるが、色素を加えて口取りにも用いられる。また冷却する前に道明寺粉を加えればみぞれかん、葛粉(くずこ)を加えれば吉野かん、卵白をかき立てて流し込み、その気泡性を利用すれば泡雪かんができる。口取りに用いる場合は、金玉糖に泡雪かんを重ねるなどして華麗さも演出することができる。[沢 史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

金玉糖の関連キーワード泡雪かん甘たるい夏向き史生

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金玉糖の関連情報