コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤池 あかいけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤池
あかいけ

福岡県北東部,福智町北西部の旧町域。遠賀川支流の彦山川がほぼ南北に流れる。 1939年上野村を改称し町制施行。 2006年金田町,方城町と合体して福智町となった。江戸時代中期から小規模な石炭採掘が始められ,小倉藩の石炭会所も置かれた。 1890年頃から炭鉱町として発展し,最盛期の 1955年頃は人口1万 6000をこえた。しかしエネルギー革命の影響を受け,1965年までに全炭鉱が閉山。人口もほぼ半減した。近年は工場誘致が進められ,南西部に赤池工業団地がある。北東部には福智山 (901m) があり,山麓には小倉藩御用窯の伝統をもつ上野焼の窯元がある。中腹から山麓の谷間 (上野峡) にかけて白糸の滝,興国寺,福智神社があり,一帯は北九州国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤池
あかいけ

福岡県中東部、田川郡にあった旧町名(赤池町(まち))。現在は福智(ふくち)町の西部を占める。旧赤池町は1939年(昭和14)上野(あがの)村が町制施行して改称。2006年(平成18)金田(かなだ)町、方城(ほうじょう)町と合併し福智町となった。旧町域の北部は福智(ふくち)山系の山地であるが、南部には遠賀(おんが)川の支流彦山(ひこさん)川の沖積低地が広がる。平成筑豊(ちくほう)鉄道が通じる。石炭開発の歴史は古く、1837年(天保8)小倉藩は赤池会所を設け、採掘をしていた。1889年(明治22)明治鉱業赤池鉱業所の開坑以来、炭鉱町として発展したが、すべての炭鉱が閉山したため、一時期人口流出が目だった。その後、工業団地やニュータウンの造成により、人口は回復している。特産物として、藩御用窯の伝統をもつ上野焼が有名で、国の伝統工芸品に指定されている。北九州国定公園の福智山や、筑豊県立自然公園の白糸(しらいと)ノ滝を中心とした上野峡、足利尊氏(あしかがたかうじ)の寄進で名高い興国(こうこく)寺などがある。[石黒正紀]
『『赤池町史』(1977・赤池町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

赤池の関連キーワードベネディクトゥス(6世紀の聖人)地方自治体の財政再建制度福岡県田川郡福智町ベネディクト会上那賀[町]平岡 浩太郎安川 敬一郎内田 忠光河村 光陽田中 六助有明[町]赤池裕美子香南[町]赤池[町]琴南[町]福智[町]串間(市)木村 緑平福智(町)安川敬一郎

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤池の関連情報