コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金目川 かなめがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金目川
かなめがわ

神奈川県中部を流れる川。全長 21km。丹沢山地の南部に発する金目川,水無川,葛葉川が秦野盆地の南東部で合流して東流,次いで南流して相模湾に注ぐ。合流点湧水が豊富で秦野市の中心市街地を形成。下流域は相模平野の西部をなし,古代から水田が開かれていた。現在も灌漑,排水に重要な役割を果す。平塚市鈴川,渋田川を合せてのちは花水川とも呼ばれる。全流域を通じて開発が進み,自然景観の変容が著しく,河水の汚染が進む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

金目川の関連キーワードティベリアス[湖]柏倉文四郎山元藤助富士忍野高原トレイルレース富士登山競走愛山渓[温泉]イェルマル[湖]神崎川金村古墓ゲリボル半島

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android