金目川(読み)かなめがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金目川
かなめがわ

神奈川県中部を流れる川。全長 21km。丹沢山地の南部に発する金目川,水無川,葛葉川が秦野盆地の南東部で合流して東流,次いで南流して相模湾に注ぐ。合流点湧水が豊富で秦野市の中心市街地を形成。下流域は相模平野の西部をなし,古代から水田が開かれていた。現在も灌漑,排水に重要な役割を果す。平塚市鈴川,渋田川を合せてのちは花水川とも呼ばれる。全流域を通じて開発が進み,自然景観の変容が著しく,河水の汚染が進む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android