コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金融早期健全化法 きんゆうそうきけんぜんかほう

2件 の用語解説(金融早期健全化法の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

金融早期健全化法

国が公的資金を注入することによって、金融機関の破たんを未然に防ぐことを目的とした法律。1997年の北海道拓殖銀行の破たんを受けて、98年に成立し施行された。同法は金融機関を自己資本比率によって4つに区分し、破たんが危ぶまれる金融機関には公的資金を注入する。また、自己資本比率の高い区分の銀行でも、破たんが予想される銀行との合併を行なうなどの条件を満たせば、公的資金の注入を認めている。金融機関に対する資本注入は優先株劣後債を引き受けることによる増資という形で行なわれ、結果として計32の銀行に総額8.6兆円が投入された。時限付きの法律であり、同法に基づく資本注入は2001年3月で終了したため、現在は申請できない。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きんゆうそうきけんぜんか‐ほう〔キンユウサウキケンゼンクワハフ〕【金融早期健全化法】

《「金融機能の早期健全化のための緊急措置に関する法律」の略称》金融機関の資本増強に関する緊急措置について定めた法律。平成10年(1998)施行。金融機能早期健全化法。→金融再生法

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone