金融緊急措置令(読み)きんゆうきんきゅうそちれい

百科事典マイペディア「金融緊急措置令」の解説

金融緊急措置令【きんゆうきんきゅうそちれい】

1946年2月17日,戦後インフレ阻止の経済危機緊急対策として公布されたモラトリアム立法。預金その他の金融機関債務を一切封鎖し,その支払いを原則として禁止。政府は同時に日銀券預入令も公布して,新円を発行,通貨安定を策し,これらによって当時600億円にものぼった日銀券発行高は急速に縮小し,インフレ進行は一時的に小康を保った。
→関連項目融資準則

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

旺文社日本史事典 三訂版「金融緊急措置令」の解説

金融緊急措置令
きんゆうきんきゅうそちれい

1946年2月,第二次世界大戦終了直後の激しいインフレ収拾策として公布された勅令83号
終戦時流通貨幣量は600億円で,しかも生産力をついてアンバランスであったので,旧憲法緊急勅令を利用して預金を封鎖し,旧円を新円に切り換えた。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

精選版 日本国語大辞典「金融緊急措置令」の解説

きんゆう‐きんきゅうそちれい ‥キンキフソチレイ【金融緊急措置令】

第二次世界大戦後の物価上昇を抑制するために、昭和二一年(一九四六)施行された緊急勅令。預金封鎖、新円切換、財産税徴収などについて定められていた。同三八年廃止。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「金融緊急措置令」の解説

きんゆう‐きんきゅうそちれい〔‐キンキフソチレイ〕【金融緊急措置令】

昭和21年(1946)2月、敗戦後の急激なインフレーション抑制のために行われた預金封鎖・新円切り替えなどの措置

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「金融緊急措置令」の解説

きんゆうきんきゅうそちれい【金融緊急措置令】

1946年2月17日,GHQ指令にもとづき,総合的インフレ対策の一環として公布施行されたモラトリアム法令。同令と同時に日銀券預入令,臨時財産調査令,食料緊急措置令,物価統制令などが公布施行されている。2月17日現在で預金等の金融機関の債務を凍結し,3月3日を期して旧円と新円とを切り換え,1人100円に限って新円との交換を認め,それ以上の旧円(5円券以上)はすべて金融機関に預け入れさせ,既存の旧円預金ともどもこれを封鎖した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android