コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金雀(きんすずめ)

5件 の用語解説(金雀(きんすずめ)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

金雀(きんすずめ)

山口県、有限会社堀江酒場の製造する日本酒。吊るした酒袋より滴り落ちる雫酒を瓶詰めした純米大吟醸酒「飛翔」、秋口に蔵出しする季節限定の特別純米の熟酒「秋あがり」などがある。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タレントデータバンクの解説

金雀


グループ
金雀

グループメンバー
田中 ヤマネコ/田中 三浪

ブログタイトル
金雀ポッド

ブログURL
http://www.voiceblog.jp/kinjaku/

職種
お笑い

プロフィール
田中ヤマネコ(大阪府出身)と田中三浪(兵庫県出身)の2名からなるお笑いコンビ。今後の更なる活躍が期待される。

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

きんすずめ【金雀】

愛媛の日本酒。仕込み水は石鎚山系の伏流水。蔵元の「高橋酒造」は明治元年(1868)創業。現在は廃業。蔵は新居浜市土橋にあった。

きんすずめ【金雀】

山口の日本酒。「飛翔」は袋吊りで搾る純米大吟醸酒。ほかに大吟醸酒、純米吟醸酒、純米酒、本醸造酒などがある。原料米は山田錦、五百万石、八反錦、雄町。仕込み水は錦川の伏流水。蔵元の「堀江酒場」は明和元年(1764)毛利家の家臣であった堀江太朗兵衛が創業。屋号は「雀集堂」。当初は「銀雀」「福雀」などの銘柄もあった。所在地は岩国市錦町広瀬。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きんじゃく【金雀】

かんざしの首に金の雀をつけたもの。
鳥のヒワの異名。 [季] 秋。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金雀(きんすずめ)の関連キーワード高清水北国街道東光千代寿雫酒天津神力黒田城大手門玉櫻竹葉の露福美人

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone