コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木文太郎 すずき ぶんたろう

4件 の用語解説(鈴木文太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木文太郎 すずき-ぶんたろう

1864-1921 明治-大正時代の解剖学者。
元治(げんじ)元年12月3日生まれ。第四高等中学校の解剖学教授となり,ドイツ留学をへて,明治32年京都帝大医科大学の初代解剖学教授となる。著作の「解剖学名彙(めいい)」はわが国の解剖学用語の基礎をなすもの。大正10年1月9日死去。58歳。加賀(石川県)出身。帝国大学卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鈴木文太郎

没年:大正10.1.9(1921)
生年:元治1.12.3(1864.12.31)
明治大正期の解剖学者。金沢生まれ。明治21(1888)年,帝大医科大を卒業,大学院に進み解剖学を専攻。26年,第四高等学校教授。29年,文部省留学生としてドイツに留学し解剖学を研究。32年に帰国,同年新設された京都帝大医科大教授となり,解剖学講座を担当。34年医学博士の学位を受ける。わが国における解剖学の初期に当たって『局所解剖学』『解剖学術式手訣』などを著した。また,ドイツ留学中に習得した彫刻および石膏術から,人体描写についての『美術解剖学』(共著)も著し,美術解剖学の基礎を築いた。このほか形質人類学の研究を行うなど,多彩な活動を残す。

(高安伸子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

すずきぶんたろう【鈴木文太郎】

1864‐1921(元治1‐大正10)
解剖学者。加賀国金沢に生まれる。1889年東京帝国大学医科大学を卒業し,大学院に進み解剖学を専攻,助手となる。ついで第四高等学校医学部(金沢)教授に転任。96年休職となり,解剖学研究のためドイツに留学。99年帰国,同年京都帝国大学医科大学創設にさいし,教授に聘せられ,解剖学を担当する。1901年医学博士。この間一時,京都市立絵画専門学校講師を兼ねる。著書に《解剖学名彙》《人体系統解剖学》がある。【松田 武】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鈴木文太郎
すずきぶんたろう
(1865―1921)

解剖学者。蘭方(らんぽう)医鈴木儀六の長男として金沢に生まれる。1888年(明治21)帝国大学医科大学を卒業、ただちに解剖学教室に入り、教授田口和美(かずよし)の助手となる。1893年第四高等中学校医学部(現、金沢大学医学部)教授に任ぜられ、1896~1899年ドイツに留学、帰国後、新設された京都帝国大学医科大学の初代解剖学教授となる。日本の解剖学の黎明(れいめい)期にあたり、『局所解剖学』『解剖学術式手訣(しゅけつ)』『組織学汎論(はんろん)』など多くの書を著した。『解剖学名彙(めいい)』(1905)は国際解剖学用語に基づく日本最初の解剖学用語集である。また従来の洋書の翻訳からの脱皮を目ざして、日本人死体の解剖に基づく『人体系統解剖学』の著述を始めたが、完成をみずに倒れた。[澤野啓一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鈴木文太郎の関連キーワード大沢岳太郎岡島敬治小川鼎三久保武上坂熊勝小山竜徳桜井恒次郎藤田恒太郎布施現之助細川宏

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone