コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄のカーテン てつのカーテン iron curtain

翻訳|iron curtain

6件 の用語解説(鉄のカーテンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉄のカーテン
てつのカーテン
iron curtain

西ヨーロッパその他の非共産圏諸国に対するソ連とソ連圏諸国の閉鎖的態度をさした表現。 1946年3月5日,イギリスの W.チャーチル首相はアメリカミズーリ州フルトンのウェストミンスターカレッジで演説し,「バルト海のステッティンからアドリア海トリエステにいたるまで鉄のカーテンが大陸を横切って降ろされている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

てつ‐の‐カーテン【鉄のカーテン】

iron curtain》第二次大戦後、東ヨーロッパの社会主義諸国が、資本主義諸国に対してとった秘密主義や閉鎖的態度などを障壁として風刺した語。1946年、英国のチャーチルが用いた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鉄のカーテン【てつのカーテン】

共産圏の閉鎖性を非難した語。1946年3月,訪米中の元英国首相チャーチルがミズーリ州フルトンで行った演説の一句。北はバルト海のシュチェチンから,南はトリエステまで鉄のカーテンがおろされていると述べ,冷戦状態の到来を予想した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

とっさの日本語便利帳の解説

鉄のカーテン

一九四六年、ソ連がハンガリールーマニアなどと結び東欧に勢力圏を構築しつつある様を、イギリスの元首相チャーチルは、「鉄のカーテン」を引こうとしていると評し、冷戦時代の到来を予言した。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

てつのカーテン【鉄のカーテン】

第二次大戦後、ソ連と東欧の社会主義圏の諸国が、西欧の自由主義国との間に設けた厳しい封鎖線をたとえた語。1946年チャーチルが演説で用いた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鉄のカーテン
てつのかーてん
iron curtain

1946年3月5日、ウィンストン・チャーチルがアメリカ訪問中、ミズーリ州フルトンで行った演説で、ソ連の秘密主義を非難するため用いたことば。この演説でチャーチルは「シュチェチンからトリエステまで“鉄のカーテン”が下ろされている」と述べ、ソ連が支配する地域では、ソ連が無限に権力を拡大しており、この動きを制するためには圧倒的な武力が必要であると述べて、第二次世界大戦後の「冷戦」を告げる有名なことばとなった。チャーチルはこの演説以前にも書簡のなかでこのことばを用いている。なお、このことばは、ナチス・ドイツ宣伝相ゲッベルスドイツ敗戦直前に書いた論文のなかで用いたのが最初だといわれている。[藤村瞬一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鉄のカーテンの言及

【チャーチル】より

…これは,偉大な戦時指導者としてのチャーチル個人の資質によりも,労働党の社会政策に戦後再建の期待をかけた国民感情の表れと見られる。この年すでに〈鉄のカーテンIron Curtain〉という言葉でソ連への警戒心を明らかにした彼は,翌年野党党首としてアメリカのフルトンで演説し,共産主義勢力に対抗する英米協力の必要を力説,一方スイスにおいては〈ヨーロッパ統合〉を提唱した。51年には再び政権に就き,53年エリザベス2世の戴冠式にあたりガーター勲章を授けられた。…

【冷戦】より

…1946年2月スターリンが両体制の対立と戦争の不可避を説いた演説を行った直後,アメリカは,当時駐ソ米代理大使であったG.F.ケナンからソ連の対外膨張を分析した〈長文電報〉をうけとり,これらを契機として新たな対ソ方針の確定と国内での準備が進められていくことになった。チャーチルの〈鉄のカーテン(バルト海のシュチェチンからアドリア海のトリエステにいたる線をいう)〉演説)をまじえて,ソ連との対立の不可避性が強調され,対ソ強硬姿勢が確立されてゆき,核の管理に関してもアメリカの核独占を維持する方向が出されていった。このような流れにそって,政策を最終的に確立したのが,47年3月のトルーマン・ドクトリンであった。…

※「鉄のカーテン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鉄のカーテンの関連キーワード共産圏西ヨーロッパ西欧ヨーロッパトルコヨーロッパロシア西ヨーロッパ時間西ヨーロッパ標準時ヨーロッパ労連ヨーロッパ通貨機構ヨーロッパ級

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鉄のカーテンの関連情報