コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長沼町 ながぬま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長沼〔町〕
ながぬま

北海道南西部にある町。 1952年町制。地名はアイヌ語のタンネツト (細長い沼の意) に由来。 1887年入植。石狩平野の南部を占め,東の町境は馬追 (まおい) 丘陵,そのほかは千歳川,旧夕張川,夕張川で限られた豊かな農業地域。平野部では米作,丘陵地帯では,タマネギジャガイモテンサイニンジンなどの栽培と乳牛,肉牛の飼育,養豚などの畜産が行われる北海道立中央農業試験場所在地。国道 274号線,337号線が通る。面積 168.52km2。人口 1万1076(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

長沼町の関連キーワード斎藤寅次郎マキノ雅広級化層理新藤兼人川島雄三市川崑久松静児森一生成瀬巳喜男日中関係

長沼町の関連情報