コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長野垤志 ながの てつし

2件 の用語解説(長野垤志の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長野垤志 ながの-てつし

1900-1977 昭和時代の釜(かま)師。
明治33年10月28日生まれ。山本安曇(あずみ),香取秀真(ほつま)に師事。のち名古屋の釜師伊藤一正を知り,茶の湯釜を研究し,古作釜の技法や様式を現代にいかした。昭和38年人間国宝。昭和52年7月14日死去。76歳。愛知県出身。本名は松蔵。著作に「あしやの釜」「天命の釜」,作品に「矢筈(やはず)釜」「松林図肩衝(かたつき)釜」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長野垤志
ながのてっし
(1900―1977)

鋳金家、釜師(かまし)。愛知県生まれ。本名松蔵。初め洋画家を志したが、鋳金に転じ、山本安曇(あずみ)、ついで香取秀真(かとりほつま)に師事した。1927年(昭和2)帝展に初入選し、33年同展出品の『青銅方盤』が特選となり、審査員などを務めたが、のち日展を離れ、日本伝統工芸展に出品。理事・審査員としても活躍した。作品は梵鐘(ぼんしょう)、花瓶、置物などのほか、とくに釜の制作をもっとも得意とし、高い芸術性と格調のある現代茶の湯釜を生み出し、また砂鉄による和銑(わずく)釜の鋳造法を復原した。63年(昭和38)重要無形文化財保持者に認定。釜に関する学問的研究にも造詣(ぞうけい)が深く、『蘆屋(あしや)の釜』『天命(てんみょう)の釜』『茶の湯の見方』などの著書がある。[原田一敏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

長野垤志の関連キーワード稲垣 足穂磁鉄鉱系列プロ野球女性誌連珠永江智明松崎しげるボクまろ三元触媒システム冤罪

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone