コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

門別 もんべつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

門別
もんべつ

北海道南部,日高町南部の旧町域。太平洋に面する。 1952年町制施行。 2006年日高町と合体。地名はアイヌ語のモペツ (静かな川の意) に由来。沙流川,門別川などの流域にまたがり,米作,野菜栽培,畜産,サケ,シシャモなどの沿岸漁業も行なわれる。食品加工,製材業も発達。またサラブレッドの生産地として知られ,軽種馬センターがある。地域に伝わるアイヌ古式舞踊は,国の重要無形民俗文化財に指定。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

門別
もんべつ

北海道中南部、日高(ひだか)支庁(現、日高振興局)管内にあった旧町名(門別町(ちょう))。旧門別町は1952年(昭和27)町制施行。2006年(平成18)、日高町と合併し、新しく成立した日高町の町域は、平取(びらとり)町をはさんで、北の日高地区(旧、日高町)と南の門別地区(旧、門別町)にわかれている。門別の名はアイヌ語「モ・ペッ」(静かな川の意)に由来する。旧町域は日高地方の西の入口にあたり、日高山脈に発する大河沙流(さる)川の下流部と、門別川などの河川の流域からなる。太平洋岸をJR日高本線、国道235号が走り、237号を分岐する。江戸時代からアイヌとの交易で開け、いまもサケ、マスなどの漁獲、コンブ増養殖のほか、沙流川のシシャモ漁は有名で、秋には門別ししゃも祭りも行われる。諸河川流域の低地は水田が中心、段丘面では軽種馬(競争馬)生産、酪農などが行われる。[柏村一郎]
『『門別町史』(1961・門別町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

門別の関連キーワード新たに名づけられた道沿岸の島名国民および部門別貸借対照表北海道沙流郡日高町富川東日高(町)(北海道)シャクシャインの戦北海道沙流郡日高町日本国見在書目録部門別原価計算セグメント情報マネーフロー表セグメント会計資金循環勘定ローファーム個別原価計算実際原価計算所得支出勘定門別鼻南小島可処分所得芸術心理学資本利益率

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

門別の関連情報