コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

門別 もんべつ

2件 の用語解説(門別の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

門別
もんべつ

北海道南部,日高町南部の旧町域。太平洋に面する。 1952年町制施行。 2006年日高町と合体。地名はアイヌ語のモペツ (静かな川の意) に由来。沙流川,門別川などの流域にまたがり,米作,野菜栽培,畜産,サケ,シシャモなどの沿岸漁業も行なわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

門別
もんべつ

北海道中南部、日高(ひだか)支庁(現、日高振興局)管内にあった旧町名(門別町(ちょう))。旧門別町は1952年(昭和27)町制施行。2006年(平成18)、日高町と合併し、新しく成立した日高町の町域は、平取(びらとり)町をはさんで、北の日高地区(旧、日高町)と南の門別地区(旧、門別町)にわかれている。門別の名はアイヌ語「モ・ペッ」(静かな川の意)に由来する。旧町域は日高地方の西の入口にあたり、日高山脈に発する大河沙流(さる)川の下流部と、門別川などの河川の流域からなる。太平洋岸をJR日高本線、国道235号が走り、237号を分岐する。江戸時代からアイヌとの交易で開け、いまもサケ、マスなどの漁獲、コンブ増養殖のほか、沙流川のシシャモ漁は有名で、秋には門別ししゃも祭りも行われる。諸河川流域の低地は水田が中心、段丘面では軽種馬(競争馬)生産、酪農などが行われる。[柏村一郎]
『『門別町史』(1961・門別町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

門別の関連情報