コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開府 カイフ

デジタル大辞泉の解説

かい‐ふ【開府】

幕府を開くこと。特に江戸に幕が置かれ、そこに町が開かれたことにいう。「江戸開府
中国で、役所を設置して役人を配属すること。丞相大司馬御史大夫三公に許され、のちには将軍にも許されるようになった制度。
中国で、総督巡撫(じゅんぶ)などの敬称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいふ【開府】

役所を設け属官を置くこと。中国漢代、三公(大司徒・大司馬・大司空)に許され、漢末より将軍にも許された。
幕府を開くこと。特に、江戸幕府が置かれたこと。開幕。 「 -以来三百年」
中国で、巡撫・総督などの敬称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

開府の関連キーワード名古屋おもてなし武将隊トーマス アンチセル東廻海運(東回海運)竹中工務店[株]大江戸温泉物語大須(おおす)玄慧(げんね)開府儀同三司かなえっちエビザベス本因坊算砂國行しげ美今村 明恒江戸っ子鈴木禎次堀尾吉晴三嶋大社読史余論瀬名貞雄完顔希尹

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

開府の関連情報