コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閑所/閑処 カンジョ

デジタル大辞泉の解説

かん‐じょ【閑所/閑処】

《「かんしょ」とも》
静かな場所。人のいない所。
「睛(せい)(=ヒトミ)を―に転ずる気紛(きまぐ)れの働ではない」〈漱石虞美人草
便所。かわや。
「信玄公、御用心の御ためやらん、御―を京間六帖敷きになされ」〈甲陽軍鑑・三三〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の閑所/閑処の言及

【便所】より

…幕末から明治初年にかけて来日した欧米人の残した記録には,日本の都市の清潔に感嘆しているものが少なくない。【野口 武徳】
【日本】
 便所には厠(かわや),閑所(かんじよ),雪隠(せつちん),後架(こうか),背屋,〈かど〉,〈ふろや〉,御不浄,〈はばかり〉など異称が多い。このうち,〈かわや〉は《日本書紀》にもみられる古い語で本居宣長の《玉勝間》ではその語義を水上で用便する原始的な水洗便所である河屋と解したが,これは東南アジア等で広くみられる形式であり,日本でもかつて山村の一部でみられたほかに《万葉集》でもうたわれている。…

※「閑所/閑処」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

閑所/閑処の関連キーワード灌所・潅所