憚り(読み)ハバカリ

デジタル大辞泉「憚り」の解説

はばかり【×憚り】

[名]
はばかること。遠慮すべきこと。「大先輩に対して何の憚りもない」
差し支えること。差し障り。「実名を出すのは憚りがある」
人目をはばかる所のから》便所
[形動][文][ナリ]憚り様」に同じ。
「お酌は—だが先生に願うで」〈二葉亭其面影
[類語](1遠慮気兼ね心置き控え目斟酌しんしゃく忌憚きたん謹慎内輪憚る控える差し控える慎む断る/(3便所化粧室洗面所手洗いトイレトイレットルームウオータークロゼットラバトリーレストルームWCかわや雪隠せっちん後架こうか手水ちょうずお手水手水場不浄不浄場ご不浄分別所ふんべつどころ浄房便室閑所用場西浄せいちん東司とうす

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android