コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

憚り ハバカリ

デジタル大辞泉の解説

はばかり【×憚り】

[名]
はばかること。遠慮すべきこと。「大先輩に対して何の憚りもない」
差し支えること。差し障り。「実名を出すのは憚りがある」
《人目をはばかる所の意から》便所。
[形動][文][ナリ]憚り様」に同じ。
「お酌は―だが先生に願うで」〈二葉亭其面影

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はばかり【憚り】

〔動詞「はばかる」の連用形から〕
おそれつつしむこと。さしひかえること。遠慮。 「何の-もなく出入りする」
さしさわりのあること。差しつかえ。支障。 「表ざたにするには-がある」
〔人目をはばかる所の意〕 便所。 「 -へ行く」
「はばかりさま」の略。 「母親が汲くんで出す茶碗を-とも言はずに受取りて/浮雲 四迷

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

憚りの関連情報