間水・硯水・建水(読み)けんずい

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 昔の二食時代、朝食と夕食との間に食べる間食。現在の昼食にあたる。
※東寺百合文書‐に・康暦三年(1381)二月日・丹波大山荘年貢散用状「四百五十文 同時人夫雑事并けんすい」
② 三食の他に飲食する飯、酒、餠など。特に昼食と夕食の間の飲食。小昼(こびる)。おやつ。
※滑稽本・街能噂(1835)二「昼飯から夜食の間に、又飯を一度喰ひやす。是を八つ茶とも小昼ともいひやす、京都にてはケンズイといひやす」
③ 酒の異称。玄水(げんすい)。〔黒本本節用集(室町)〕
※俳諧・紅梅千句(1655)六「切燈台の影の中飲〈正章〉 建水(ケンズイ)のやうなる物を引そばめ〈貞徳〉」
④ 番匠・壁塗など、建築関係の職人に通常の労賃とは別に注文主から臨時に支給された物品・貨幣。
※徴古文書‐甲・永正六年(1509)高神社修善算用帳「番匠之事、合八十人、作料四貫文、硯水四百文、別硯水氷七百文」
[補注]元来は、労働者に間食、酒を給与した使用者の用語。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android