コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関三十郎(2代) せき さんじゅうろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関三十郎(2代) せき-さんじゅうろう

1786-1839 江戸時代後期の歌舞伎役者。
天明6年生まれ。2代嵐吉三郎,3代中村歌右衛門の門下をへて初代三十郎の養子となり文化4年大坂で2代を襲名和実を本領とし,当たり役は曾我(そが)の鬼王天保(てんぽう)10年9月28日死去。54歳。大坂出身。前名は中村歌助,関歌助。俳名は歌山。屋号尾張屋

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

関三十郎(2代)

没年:天保10.9.28(1839.11.3)
生年天明6(1786)
江戸後期の歌舞伎役者。俳名歌山。屋号播磨屋,尾張屋。初代の実子とも養子ともいう。2代目嵐吉三郎の門下で,嵐宗太郎の名で大坂の子供芝居に出勤。享和1(1801)年に3代目中村歌右衛門の門に入り,中村歌助と改名した。その後初代関三十郎の養子となって2代目を襲名,文化4(1807)年京都北側の大芝居へ初めて出勤。同5年以降三都を行き来したが,天保中ごろから病気がちで,同10年2月中村座の舞台が最後となった。小柄ながら姿がよく,地芸,所作にすぐれ,和実を得意とした。堅い芸風で贔屓も多く「名人関三」と称された。

(加藤敦子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

関三十郎(2代)の関連キーワード関 三十郎(4代目)関 三十郎(5代目)西川 鯉三郎(初代)藤間勘十郎(2代)市川八百蔵(5代)市川八百蔵(6代)嵐三十郎(4代)関三十郎(初代)関三十郎(6代)関三十郎(5代)加賀見山再岩藤船打込橋間白浪小袖曾我薊色縫八幡祭小望月賑青砥稿花紅彩画黒手組曲輪達引三人吉三廓初買曾我綉俠御所染梅の由兵衛物7月2日

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android