コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長門峡 チョウモンキョウ

9件 の用語解説(長門峡の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちょうもん‐きょう〔チヤウモンケフ〕【長門峡】

山口県中部、阿武(あぶ)川中流にある渓谷。名勝地。甌穴(おうけつ)が多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

長門峡【ちょうもんきょう】

山口県阿武郡阿東町(現・山口市),阿武川上流の峡谷(名勝)。約12kmにわたり石英斑岩が浸食を受け,新緑や紅葉が美しい。山口線長門峡駅から近い。1920年萩出身の画家高島北海が長門峡と名づけたという。
→関連項目阿東[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

ちょうもんきょう【長門峡】

山口の日本酒。酒名は、近くの景勝地の名にちなみ命名。大吟醸酒純米吟醸酒、純米酒は芳醇な味わい。ほかに淡麗な酒質の本醸造酒など。平成23年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦、五百万石など。仕込み水は阿武川の伏流水。蔵元の「岡崎酒造場」は大正10年(1921)創業。所在地は萩市川上。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

長門峡(ちょうもんきょう)

山口県、有限会社岡崎酒造場の製造する日本酒。平成23酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。

長門峡

山口県阿武郡阿東町にある道の駅。国道9号に沿う。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうもんきょう【長門峡】

山口県中部,阿武(あぶ)郡阿東町,川上村を流れる阿武川中流の峡谷。白亜紀流紋岩質溶結凝灰岩が深く浸食されて形成された。1920年萩出身の画家高島北海によって命名され,23年国の名勝に指定された。約6kmにわたって両岸に岩峰がそびえ立ち,深い樹林の間に急流と深淵があいつぐ。ニホンザルの群れが見られ,アユ釣りも楽しめる。山口線長門峡駅下車。【三浦 肇】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちょうもんきょう【長門峡】

山口県中東部、阿武川とその支流にある峡谷。両岸絶壁をなす景勝地。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔山口県〕長門峡(ちょうもんきょう)


山口県中部、阿武(あぶ)川中流部にある峡谷。長さ約6km。石英斑岩(せきえいはんがん)の岩壁が階段状に浸食された深い谷。急流・深淵(しんえん)が連続し、河床には甌穴(おうけつ)がみられる。国指定の名勝。サクラ・紅葉とアユ釣りで知られる。長門峡県立自然公園の中心地。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長門峡
ちょうもんきょう

山口県中東部、山口市の阿東(あとう)地区から萩(はぎ)市川上地区にまたがる阿武川中流の峡谷。長門峡県立自然公園の主要部をなし、国の名勝に指定されている。流紋岩質凝灰岩を深く侵食して、急流と深淵(しんえん)が相次ぎ、とくにアユと紅葉で知られる。日本画家高島北海(1850―1931)が「長門峡」と名づけて開発に努力した。JR山口線長門峡駅下車、出合淵から竜宮淵まで探勝路が整備され、湯ノ瀬にはラジウム温泉がある。付近には観光ナシ園が多い。[三浦 肇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の長門峡の言及

【阿武川】より

…山口県北部を流れる川。阿武高原の嘉年(かね)盆地に発し,旧堰塞(えんそく)湖盆の徳佐盆地を南西へゆるやかに流れ,阿武山地を横断するところに名勝長門峡をつくって北西に貫流し,萩市で松本川と橋本川に分かれ,萩三角州平野を形成して日本海に流入する。幹川流路延長82.2km,全流域面積694.8km2,錦川に次ぐ山口県第2の河川。…

※「長門峡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

長門峡の関連キーワード阿武町阿東〈町〉山口県阿武郡山口県阿武郡阿武町宇田山口県阿武郡阿武町宇生賀山口県阿武郡阿武町木与山口県阿武郡阿武町惣郷山口県阿武郡阿武町奈古山口県阿武郡阿武町福田上山口県阿武郡阿武町福田下

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長門峡の関連情報