コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿東 あとう

2件 の用語解説(阿東の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿東
あとう

山口県中部,山口市北東部の旧町域。北東で島根県に接する。1955年篠生村,生雲村,地福村,徳佐村,嘉年村の 5村が合体して町制。2010年山口市に編入。山間高冷地にあり,米作,リンゴやナシの栽培,酪農が主産業。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿東
あとう

山口県東部、阿武(あぶ)郡にあった旧町名(阿東町(ちょう))。現在は山口市の最北部を占める地域。1955年(昭和30)篠生(しのぶ)、生雲(いくも)、地福(じふく)、徳佐、嘉年(かね)の5村が合併して町制施行。2010年(平成22)山口市へ編入。旧町域は北を島根県に接する。徳佐盆地など広い谷底平野をもつ山間農村で、雪の多い高冷地である。稲作のほか養鶏や肉用牛の飼育などを行い、観光果樹園(リンゴ、ナシ)がある。徳佐は近世の石州(せきしゅう)街道の市場(いちば)町で、国道9号、315号、JR山口線が通る。阿武川中流に国の名勝長門(ちょうもん)峡がある。常徳寺(じょうとくじ)の庭園は国の名勝。北東部の十種ヶ峰(とくさがみね)山麓(さんろく)にはスキー場やオートキャンプ場がある。[三浦 肇]
『『阿東町制施行五十年史』(2005・阿東町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阿東の関連キーワード山口県山口市葵山口県山口市阿知須山口県山口市春日町山口県山口市亀山町山口県山口市白石山口県山口市陶山口県山口市滝町山口県山口市天花山口県山口市中尾山口県山口市古熊

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

阿東の関連情報