コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅津美治郎 うめづよしじろう

7件 の用語解説(梅津美治郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

梅津美治郎
うめづよしじろう

[生]1882.1.4. 大分
[没]1949.1.8. 東京
陸軍大将。熊本地方幼年学校,中央幼年学校,陸軍士官学校陸軍大学校卒業。第1次世界大戦ではデンマーク駐在。 1934年支那駐屯軍司令官。 35年6月梅津=何応欽協定を締結。 36年陸軍次官。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

うめづ‐よしじろう〔‐よしヂラウ〕【梅津美治郎】

[1882~1949]軍人。陸軍大将。大分の生まれ。旧日本軍の華北支配を進め、第二次大戦終結に際しては参謀総長として降伏文書に調印。A級戦犯となり、終身刑。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

梅津美治郎【うめづよしじろう】

陸軍軍人。大分県出身。1911年陸軍大学卒,1940年大将,1944年参謀総長二・二六事件以降陸軍を掌握した。1945年の硫黄島陥落後も戦争継続を主張,ポツダム宣言受諾をめぐる御前会議でも本土決戦を支持した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梅津美治郎 うめづ-よしじろう

1882-1949 明治-昭和時代前期の軍人。
明治15年1月4日生まれ。昭和10年支那駐屯軍司令官のとき梅津・何応欽(か-おうきん)協定をむすぶ。二・二六事件後に陸軍次官となり,粛軍人事と軍部の政治介入をすすめる。15年大将。19年参謀総長となり,20年全権として降伏文書に調印。A級戦犯,終身刑で服役中の昭和24年1月8日病没。68歳。大分県出身。陸軍大学校卒。旧姓は是永。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

うめづよしじろう【梅津美治郎】

1882‐1949(明治15‐昭和24)
陸軍軍人。大分県出身。陸軍士官学校(15期),陸軍大学校卒。第1次世界大戦直前のドイツ,大戦中のデンマーク,スイスなどに参謀本部部員として駐在。1935年支那駐屯軍司令官として日本の華北進出のてことなった梅津・何応欽協定を締結,翌36年の二・二六事件直後には陸軍次官に就任して粛軍と軍部の政治的進出を推し進めた。その後,第1軍司令官,関東軍総司令官などを経て,40年大将,44年に参謀総長となり,敗戦に伴い全権の一人として降伏文書に調印した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

うめづよしじろう【梅津美治郎】

1882~1949) 軍人。陸軍大将。大分県生まれ。1935年(昭和10)、支那駐屯軍司令官として梅津何応欽かおうきん協定を結ぶ。また、第二次大戦終戦時の降伏文書に重光葵しげみつまもるとともに調印。 A 級戦犯として終身禁錮刑、服役中に病死。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

梅津美治郎
うめづよしじろう
(1882―1949)

陸軍軍人。明治15年1月4日、大分県の農家に生まれる。陸軍士官学校、陸軍大学校卒業。日露戦争に参加、参謀本部員となり、1913年(大正2)より1920年までドイツ、デンマーク、スイスの駐在武官を歴任して、第一次世界大戦を観察した。1934年(昭和9)支那(しな)駐屯軍司令官となり、1935年6月、軍事的圧力をかけて梅津‐何応欽(かおうきん)協定を中国に強要し、中国本土への侵入の契機をつくった。1936年3月陸軍次官となり、二・二六事件後の粛軍を推進し、1937年宇垣一成(うがきかずしげ)内閣の成立を流産させた。1939年9月関東軍司令官、1944年7月参謀総長となる。敗戦に際し重光葵(しげみつまもる)とともに降伏文書に調印。A級戦犯として終身禁錮の判決を受け、服役中に病死した。[佐々木隆爾]
『梅津美治郎刊行会・上法快男編『最後の参謀総長=梅津美治郎』(1977・芙蓉書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の梅津美治郎の言及

【降伏文書】より

…1945年9月2日,日本がポツダム宣言を受諾して連合国に降伏することを正式に承認することを示すために調印された文書。調印は東京湾上のアメリカ戦艦ミズーリ号上でなされ,日本側からは天皇および日本国政府を代表して重光葵(まもる)外相が,大本営を代表して梅津美治郎(よしじろう)参謀総長が調印し,連合国側からは最高司令官マッカーサーを筆頭にアメリカ,中華民国,イギリス,ソ連,オーストラリア,カナダ,フランス,オランダ,ニュージーランドの各代表が調印した。文書はポツダム宣言の受諾とその誠実な履行,日本軍の無条件降伏,日本軍・国民の敵対行為の停止,財産破壊の防止,連合国の俘虜および被抑留者の解放・保護・輸送などを規定し,かつ占領統治の基本方針として天皇および日本国政府職員がとくに命令のない限りその任務にとどまり,連合国最高司令官の布告・命令・指示に従って国家統治の任に当たるという間接統治方式を規定した。…

※「梅津美治郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

梅津美治郎の関連キーワード早稲田大学新聞小説イタリア映画柔道円(日本の貨幣単位)日中関係文化勲章吉田茂内閣早稲田文学梅屋勘兵衛(3代)

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

梅津美治郎の関連情報