院外団(読み)いんがいだん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

院外団
いんがいだん

議員でない党員たちが議会外で組織した政治団体。第2次世界大戦前の日本の政界において特異な存在であり,選挙戦では示威行為や扇動的演説によって自党の勝利をはかるとともに,ときには院外の大衆を動員して倒閣運動も行なった。戦後政党組織の整備が進むとともに漸次姿をひそめていった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いんがい‐だん〔ヰングワイ‐〕【院外団】

特定政党や議員と連携し、支持・協力する議会外の集団。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

院外団【いんがいだん】

日本の議会政党における議員以外の党員のグループ。特に大正政変以後その存在が注目され,議会および議員に対して圧力を加え,反対党への攻撃または自党要人の警備などに当たった。落選代議士や壮士と呼ばれる政治青年が多かった。第2次大戦後は政党の下部組織整備によってその存在意義が失われた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いんがいだん【院外団】

第2次大戦前の日本の政党政治において議会の外で政党活動を行う議員以外の党員およびその団体をいう。日本の政党は自由民権運動に由来するが,帝国議会開設後は議員を中心とした議会内政党の性格を強める。そこでは,議員が政党をつくるのであって政党が議員を出すのではないから,議員以外の党員の存在は限定されるし議会外における政党の日常的な活動というイメージは成立しない。落選代議士や壮士と呼ばれた政治青年の集まる院外団の主な仕事は党幹部の護衛,選挙時の有権者狩出しなどで,反対党の演説会荒しはとくに有名であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いんがいだん【院外団】

議員以外の党員で組織され、議会外で政党活動を行う団体。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

院外団
いんがいだん

政治党派が議院政党化する過程で疎外された党員たちによる行動団体。帝国議会の開設時(1889)に、政治党派は議員集団としての院内集団と非議員集団としての院外集団に分化した。政党政治が確立し、政党が議員集団として機能するようになると、院外集団は政党本部に直属する行動隊としての院外団に制度化されることになった。院外団の行動隊機能は、やがて、政党系列化された国家主義団体に受け継がれ、院外団は自らの存在意義を見失うことになる。
 立憲政友会が院外団を正規の機関として発足させたのは、20世紀の初頭であった。立憲政友会が結党される前の自由党段階において、院外者の組織は壮士団の形をとっていた。名望家集団としての自由党にあって、壮士団は地方組織の役割を果たしていた。村野常右衛門(つねえもん)に代表される三多摩壮士の動向が壮士団の代表例である。大正政変を機会に政治活動を開始した大野伴睦(ばんぼく)は、村野への接近から政友会院外団員となった。大野は、院外団出身政治家の代表例であるが、村野と大野のつながりは、そのまま壮士団から院外団への転化の過程を示すものとなっている。
 大正政変時の活躍で、院外団は存在意義を認められたが、その活動内容は暴力団に近いものであった。かつての民党の壮士団にみられた暴力主義的行動様式は、そのまま吏党の院外団組織に受け継がれ、やがて国家主義団体にその地位を奪われる要因となっている。日本の政党が近代政党化する過程で露呈させた徒党的性格は、院外団にもっとも端的に現れていた。
 アメリカの政党組織におけるマシーンやロビイングなどは広義の院外集団機能の発揮であるが、そこでは暴力主義が厳しく規制されている。イギリスの議会労働党に対する労働党大会のあり方も、広義の院外集団の一形態を示しているが、議員集団への寄生性は見受けられない。ロビイングも労働党大会も、政策形成過程における圧力団体機能の発揮を目ざすものとなっていて、日本におけるかつての院外団とは異質である。[高橋彦博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

院外団の関連情報