コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村野常右衛門 むらの つねえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村野常右衛門 むらの-つねえもん

1859-1927 明治-大正時代の政治家。
安政6年7月25日生まれ。生家は武蔵(むさし)多摩郡(東京都)の豪農自由民権運動にくわわり,明治14年石坂昌孝らとともに融貫社を結成。31年衆議院議員(当選8回)。政友会幹事長をつとめた。大正4年内相大浦兼武の選挙干渉告発。11年貴族院議員。昭和2年7月30日死去。69歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

村野常右衛門

没年:昭和2.7.30(1927)
生年:安政6.7.25(1859.8.23)
明治大正期の政治家。武蔵国多摩郡野津田村(東京都町田市)の豪農村野辰蔵,カノの長男として生まれる。明治14(1881)年石坂昌孝らと融貫社を設立,国会開設運動の一翼を担った。18年大阪事件に連座,軽禁固1年,監視10カ月に処せられ,和歌山監獄に入獄。31年第6回総選挙で東京府から衆院議員に当選,以後当選8回。憲政党,立憲政友会に属し,幹事長,総務を歴任する一方,小田急電鉄敷設に尽力し,大正11(1922)年には貴族院議員に勅選された。<参考文献>色川大吉・村野廉一『村野常右衛門伝』全2巻

(寺崎修)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

むらのつねえもん【村野常右衛門】

1859‐1927(安政6‐昭和2)
政治家。4代常右衛門の長男として武蔵国南多摩郡に生まれる。自由民権運動に参加し,1885年大阪事件に連座してその名を広く知られる。出獄後三多摩の壮士の組織化に成功し,98年衆議院議員に当選。1905年政友会幹事となり,原敬を助けて政党内閣樹立に努力した。晩年は1922年貴族院議員に勅選され,他方,大日本国粋会会長に就任して国権主義者の行動を支援した。この間,小田急電鉄の敷設に尽力し,横浜倉庫会社社長,横浜鉄道監査役に就任した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

村野常右衛門の関連キーワード石坂 昌孝大正時代院外団

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android