コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陶晶孫 とうしょうそん

4件 の用語解説(陶晶孫の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

陶晶孫【とうしょうそん】

中国の作家。江蘇省無錫(むしゃく)生れ。日本で育ち,九州帝大医学部卒業後,郭沫若らの創造社に参加。1929年帰国。日中戦争中は日本文学報国会が開催した大東亜文学者大会に関与。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

陶晶孫 とう-しょうそん

1897-1952 中国の作家,医学者。
光緒23年生まれ。郭沫若(かく-まつじゃく)の義弟。明治39年来日。九州帝大在学中に郭沫若らの創造社同人となる。昭和4年帰国し,「大衆文芸」の編集にあたる。上海自然科学研究所研究員をへて戦後台湾大教授。25年より日本に定住し,東大講師などをつとめる。昭和27年2月12日死去。56歳。没後に「日本への遺書」が刊行された。江蘇省出身。名は熾(しき)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

とうしょうそん【陶晶孫 Táo Jīng sūn】

1897‐1952
中国の作家,医学者。江蘇省無錫(むしやく)の人。幼時期より日本で育ち,処女作《木犀》(1921)も日本文による。九州帝大医学部卒業後,郭沫若夫人の妹の佐藤操と結婚,郭沫若らの創造社に加わり,《音楽会小曲》(1925)などの創作を本国で発表。1929年帰国,一時左翼の《大衆文芸》の編集に当たったが,31年から日本占領時代にかけて上海自然科学研究所研究員をつとめ,大東亜文学者大会にも関与,戦後台湾大学教授を経て,50年より日本に定住。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陶晶孫
とうしょうそん / タオチンスン
(1897―1952)

中国の作家、医学者。名は熾(しき)。晶孫は字(あざな)。江蘇(こうそ)省無錫(むしゃく)県出身。1906年(明治39)家族とともに来日。九州帝国大学、東北帝国大学医学部・理学部などに学ぶ。九州帝大在学中創造社同人となり、処女作『木犀(もくせい)』を日本語で郭沫若(かくまつじゃく)らとの同人誌『グリーン』に発表、1922年中国語に直して『創造』季刊に転載した。多才で音楽的才能にも富み、東北帝大ではオーケストラを組織した。1929年帰国。郁達夫(いくたつふ)から『大衆文芸』を受け継ぎ、その編集にあたるかたわら、人形劇をはじめとする演劇に関心を寄せ、上海(シャンハイ)芸術劇社に加入して活躍した。1931年上海自然科学研究所に入り、社会衛生学を研究。その後一時台湾に住んだが、1950年(昭和25)日本に亡命し、東京大学講師などを務めた。著書としては小説集『音楽会小曲』(1927)、没後に刊行された『日本への遺書』(日本語)などがある。[小谷一郎]
『『日本への遺書』(1963・普通社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陶晶孫の関連キーワード江南ヒルトレッグ肉蒲団歌う砂霧の壁娘は娘林檎の木

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone